ジーマミー豆腐 その2

時間ができるまでチルドに入れておいた落花生、
夜テレビを見ながら、剥きにかかりました。
c0021551_18384168.jpg

これがなかなか大変で・・・・
水に漬けておけばよいとか、色々書いてはあったんですが
テレビの間に陣取ってしまったので、とうとうそのままひたすら皮むき・・・・
一カップの豆になるまで延々・・・・
多分もう少しよい方法があるんだと思いますが・・・・

さて、次の朝、いよいよ開始。
c0021551_18412552.jpg

1カップ(200ml)の剥いた生ピーナッツ。
3カップ(600ml)の水。
わらびもち粉80g
ほら、実が隙間なくぎっしりと入った落花生でしょ?
豆がこれは3粒ですが、4粒とかフツーに入っているんです。

ミルサーを使ってピーナッツ豆乳を作ります。
c0021551_18452868.jpg

水とピーナッツを混ぜて3回ほどに分けて回しました。
ちなみに最後は水だけで回すと無駄がありません。

分けて作ったピーナッツ豆乳は、そのつど、
ボウルに乗せたざるに、ガーゼハンカチを敷いたもので漉します。
c0021551_18473374.jpg

結構どろどろしていますね。

最後にしっかり絞ります。
c0021551_18485759.jpg

思いっきり絞ると中はこんな感じ。
c0021551_18493133.jpg

これがピーナッツおから。時々ピーナッツのかけらが入っています。
潰れてないんだぁ~・・・・ま、いいか(^^;)

あとで、これを鍋で炒りました。
c0021551_18514130.jpg

時々ピーナッツのかけらを拾って食べながら炒り加減を吟味。
最初生っぽかったのがだんだんおいしくなって
おからもパラパラした感じになってきました。
これはワッフルを焼くときに使うつもりです。ピーナッツの粉ですからね。
それまで冷凍保存しておきます。

さて、わらびもち粉は比較的短時間に熱が通って硬くなりますが、
ピーナッツは生なのでちゃんと火が通るか心配です。
ジーマミー豆腐の作り方にも30~40分弱火で練る、と書いてあります。
そこで、中華なべに入れた豆乳と分量のわらびもち粉をしっかり混ぜ溶かしてから
なべ底に炎が届くか届かないかぎりぎりの弱火で加熱開始。
c0021551_18591840.jpg

焦げないよう、だまにならないよう、
30分を目安に常にかき混ぜることにしました。
しばらくすると少しずつ硬くなってきました。

そういえば、いつかテレビで見ていたゴマ豆腐も
延々どれだけだったか、練っていました。
和菓子でも練る、というのがとても大切らしいです。
頑張って、心をこめて練りましょう。
とりあえず、30分頑張りましょう。

30分練り続けたら、ずいぶん硬くなってきました。
多分もういいよね。
ちょっと食べてみても、最初のような粉っぽい感じはありません。
きっと完成でしょう。
無駄を減らすため、鍋のまま固めることにしました。
わらび餅が手ごわいってこと知ってますからね(^^;)

さあ、夕食のオードブルになったジーマミー豆腐です。
c0021551_2182210.jpg

ミョウガと薬味ねぎで豆腐が見えないって話・・・・(^^;)
これに何をかけたらおいしいか夫といろいろ試して・・・・
塩、ポン酢、チリソース、バルサミコ酢、生ハムクラッカー、
ちょっとずつ、色々つけてみて・・・・・
このネットリ感がおいしいんだよね、とか・・・・
味や香りはあまり強くないねとか、
イマイチよくわからないんですが、夫が気に入ってくれてよかったです。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-10-22 19:15 | 食べ物 | Comments(6)
Commented by at 2012-10-22 22:06 x
お疲れ様でした!お見事です!!おいしそー♪
ジーマミー豆腐、わたしも昔々作ってみたことがあります。そのときは40分練って練って・・・疲れ果てました。美味しかったけど…もう作る気はしないー。うまこさん、えらいなあ。そして、ピーナツおからの利用って目うろこ。たしかにそれも、使えるし美味しそうです!
Commented by yamamotoyk at 2012-10-22 23:04
葉さんありがとうございます。
練るのは大丈夫、ほどほどの力でしますから。
皮むきでやんなっちゃいました・・・・・
もうやらない・・・と思いましたが
もっと上手く剥けたら、また作るかも・・・・
意外においしかったです。わらび粉がよかったかも。
でも、そのまま塩茹でが簡単でおいしいかも・・・・
おからの中の破片がおいしい(^^;)
おからはひょっとすると普通のおからみたいに炊けるかも。
Commented by buribushi at 2012-10-23 09:46
パチパチパチ!よくできました。

水に浸しておいてから剥くと楽です。かちかちに干した状態の生豆からも作りますけど、その時は一晩・・一昼夜かな、水に浸けておきます。それ言えばよかったと反省しています。

あと、沖縄で食べたのは、醤油・砂糖で作った甘めのタレをかけておつまみ風、またはおやつ風、にしたのが多かったです。おろし生姜を少し載せて出汁をかけたのも。
うちではおろし生姜少々、醤油少々、で食べることが多いです。
イモ澱粉はやすく売っているので、行ったとき買います、「イモ粉」と表示してありましたっけ。
Commented by yamamotoyk at 2012-10-23 21:28
すばるさん、ありがとうございますm(_ _)m
がんばりました!
水に浸して・・・・なかなか時間が無くて急に始めたので
水に浸す時間が無く、熱湯をかけて、というのも面倒で・・・・
ついついそのまま、続行しちゃいました。
なるほど、タレは甘めも合うんですね。
ちょっとデザート的な感じもしますから。
イモ粉・・・ですね。了解です!
Commented by bananamama at 2012-10-24 07:21 x
手間がかかるお豆腐ですね~
そうです、こちらに越してきて 
落花生の湯がいた物とか頂きます。
畑で出来るって?ナッツは木の実のように思っていたので意外。
Commented by yamamotoyk at 2012-10-24 17:50
bananamamaさんありがとうございます。
ゴマ豆腐をちゃんとゴマから作るのと同じかと思います。
豆腐を大豆からつくるより、ちょっと大変かなぁ~と思いました。
豆腐は豆腐で、手早くと言うのがこれまた大変だったりしますが・・・・
名古屋では生落花生は今まであまり見かけませんでしたが
最近ちょくちょくお目にかかります。
でも、基本的になじみがありません。
名古屋以外の周辺では食べられているようです。
<< ジーマミー(地豆)豆腐 その1 名古屋まつりのおこぼれ >>