胴掛け紐

さて、先日通販で買った胴掛け紐。
古くぼそぼそになっていた物と取り換えたのですが・・・
ちょっと短くて蝶結びができません。
仕方がないのでこま結びにしたのですが、なんか寂しくて・・・・・
考えてみれば、蝶結びにする必要もないのかもしれませんが、
こま結びのほうが、しっかりするし?
しかも、たかが紐に、なかなかのお値段。
しかし高いからと言ってレーヨンとかの紐にする気はさらさらありません。
しっかり締まりませんから。

その紐を見ていてふと気づきました。
これ、絹の組紐と同じような太さと硬さです。
だったら、いつも買う組紐屋さんの紐でもいいんじゃない?
もし値段が今回買ったものより安ければ、試して見ましょう。

ということで、折りよく始まったタカシマヤの京都展。
c0021551_2344299.jpg

早速買ってきました。
必要な長さは一組1.1m。
ところが、催事場では3m(または1.5x2)に切ってあります。
1mだとこま結びしかできないのです。
ちょっと悩みましたが、試しに買ってみました。
値段は6割ほど。いいですね。ま、専用の形ではないということもありますが。
c0021551_2371392.jpg

色を迷いましたが、ちょっと中間の色にしてみました。
で、早速今日、試してみました。
c0021551_237563.jpg

計ってみると、長さは十分ゆとりがありました。
だから余裕で蝶結びになりました。長すぎる分を切り捨てたほど。

うふふ、いいじゃない?
色も何色かあるので楽しめます。
と言っても一度の3組できちゃうのでそんなに換える物でなし・・・・
何より、これは結ぶための専用の紐なので
締まり具合がいいです。
短かった紐はどうしましょうか・・・・ま、こま結びで使いますか。
鮮やかな赤できれいだし。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-10-25 23:15 | 三味線 | Comments(2)
Commented by しんのすけ at 2012-10-26 01:14 x
いいですねえ・・・
そうそう、こま結びだと寂しい・・・本当にそうです
Commented by yamamotoyk at 2012-10-26 21:12
しんのすけさん、ありがとうございます。
次に思いついたのは上調子のかせの紐です。
ちょっと先生とのやり取りでいやな思いをしたので
もう一段細い紐で作ろうかと・・・・
<< 焼けてないトタン屋根の上の猫 料亭イタリアンレストラン >>