お弾きぞめの着物

長唄教室、お弾きぞめおよび新年会です。

時間のある時に、過去の着物をざっとチェック。
着ていない着物を出しておきました。
c0021551_1942925.jpg

いわゆる実用訪問着。
帯は先日おろして、締めやすく名古屋帯化しておいた物。

実用訪問着とは
大須の松◎大◎さんに仮絵羽状態の訪問着が
お値打ちに並んでいるのを知って、ちょくちょく見に行き、
柄とお値段の良い出物があった時に買い集め
仕立ててもらった数枚の訪問着のこと。
スーツ程度のお値段でお誂えができてにこにこ。
以後、ちゃんとした服装が要求される機会にはとても重宝しています。
こだわりがない分、流行や好み、サイズに悩まなくて良いので、
気軽な着物と言えます。帯を替えれば気分も変わりますしね。
これが着物の一番良いところですね。

ただし、欲張って、2枚ほどは袖丈をほんの少し長くしたので
専用のうそつきが必要でこれがやや問題点になっています。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-01-30 19:17 | 着物 | Comments(0)
<< お弾きぞめ 横段ウール制作中 >>