お弾きぞめ

いよいよ本番です。
風邪の方はほぼ、大丈夫。やや用心して咳止めは万端。

運の良いことに、早めに到着して教室を覗くと
前のクラスは無かった模様。部屋は開いています。
やった~!
急いで椅子を並べ替え、座布団をかき集め、緋毛氈を敷き詰め、
誰に文句を言われることも無く、勝手に舞台設営。
フウフウ、一汗かいてしまいましたが、これで、半分仕事は終わりです。
あとはなんとかなるでしょう。
見台(譜面台)がやや不足なのであと2~3個追加制作が必要かな。

番組は
①松の緑(生徒全員三味線・私は上調子))
②越後獅子(私はタテ唄)
中入り(お茶とお菓子)
③やさしい三味線より(お江戸日本橋、秋の色種前弾き、山寺の和尚さん)
④娘七種(私は替え手)
⑤先生方模範演奏 雛鶴三番叟
⑥     〃     鶴亀

と言うわけで、いよいよ演奏開始・・・・・
c0021551_1927518.jpg

これは最初の松の緑。
生徒全員が三味線で、先生方が唄。
なかなか本格的な唄い方だったので、生徒の方はやや戸惑い気味。
ま、こんな事もあるわいな・・・・って感じ(^^;)

終わって自分の反省点としては、ちょっと力みすぎて(やっぱり緊張するんですよね)
唄は三味線からややはずれるし、
替え手もやや力みすぎで一ヶ所迷子 (T_T)
ま、こんなもんが私の実力と言うことで・・・(^^;)

また今年も頑張りましょう。
見学に来ていただいた皆様には本当に感謝ですm(_ _)m
ありがとうございました。

お弾きぞめの後は新年宴会。
そこで、お師匠さんのステキなお言葉・・・春隣
立春直前の今にふさわしい言葉ですね。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-01-30 19:31 | 三味線 | Comments(2)
Commented by しんのすけ at 2013-01-31 06:49 x
設営ひとりで! ありがとうございました
済んでしまえば楽しい会でした
いい教室を紹介していただけて幸せです
練習ちゃんとしなくちゃ!
Commented by yamamotoyk at 2013-01-31 18:07
しんのすけさん、ありがとうございます。
前の週のリハの時、いろいろ考えていたので、
勝手にできてラッキーでした。
自分のパフォーマンスより、
お客様を迎える舞台というプロジェクトを成功させる方が
興味の焦点になってしまう仕切り屋なのです。
やっぱり私は芸人ではなくて職人なんですね。
<< 広重浮世絵展 お弾きぞめの着物 >>