よこしまなウール完成

なかなか苦労しましたが、やっと完成。

とりあえず、着てみました。
c0021551_21185292.jpg

襟が抜けすぎるような気がしますね。
繰り越しが間違っているのでしょうか・・・・わからんのです。
前も後ろも上げをたくさん取ったので、
その計算が間違ったのかもしれません。

柄合わせに苦労した割に色が変です。後ろが特に変。
こんなに赤っぽかったり、青っぽかったりするなんて
並べて見ているときにはわかりませんでした。

さらっとした張りのあるウールです。
これからの季節に気持ちよさそうです。

さて、前も後ろも揚げを作る方式で作った着物です。
忘れないうちに次のしょうざんに取り掛かることにしました。
c0021551_21283326.jpg

裁断はもうすんでいたので、念のためもう一度柄合わせを確認して、
場所のラベルを安全ピンでとめました。
黄色く見えるのがそれです。

身頃はきっちり半分に折って
襟肩開きとして鋏を入れます。
c0021551_21302674.jpg

印のために切るだけなので、短めに切ります。

次に、繰り越し分ずらした所に印として安全ピンを付けました。
c0021551_2132346.jpg

その安全ピンの位置に折り目をずらします。
ここが新しい肩山になるんです。

寸法通りの長さの布であれば、
このずれた分だけが後ろの揚げになるのですが、
自分の寸法より、ずっと長い布なので
前も後ろも長すぎる分だけ、揚げとして縫い込みます。
横縞ウールはこの寸法を間違えたのかしら?
紙の上の計算で揚げの分量を決めたのが間違いのもとだったようなので
今回は愚直に、ものさし片手にトライアンドエラーで行こうと思います。

さて、肩山から40㎝の位置で揚げを取ることになっているので
155㎝の身丈完成予定寸法に合わせて、余分を畳んでみました。
c0021551_21405248.jpg

畳んだ分は後ろ身頃は下に、前身ごろは上に倒します。
私の持っている素人向けの本にはこんなことは書いてないので
上に倒すのか下に倒すのか根拠不明ですが
後ろの揚げだけの場合は下に倒すことになっているのでそれに従います。

さあ、本日はここまで。

次は袖をミシンで縫います。
その次は後ろ身頃をミシンで縫い合わせます。
裾から始めて襟肩開きの切れ目まで縫います。
その次は脇です。
後ろの身幅を計って印をつけ、前後合わせて身八ツ口のところまで縫う予定。

とりあえず、ミシンの出番はそこまで。
案外出番がありません。
前回は揚げもミシン掛けしましたがこれが失敗のもと。
揚げは手縫いする方がいいようです。

おくみも手で縫い合わせます。
なぜなら、前身ごろとおくみは2枚合わせて端から何センチ、
という具合にはいかず、印から縫い目がずれて失敗する可能性が高いからです。

そのあとはひたすら縫い代の耳ぐけに続き、裾の三つ折りぐけ。
ここまでは単純作業。
襟付けの時におくみ下がりの印を無視したのでちょっとみっともなくなったので
今回はちゃんと確認しようと思います。

さあ、今度はうまくできるかな?
[PR]
by yamamotoyk | 2013-02-04 22:05 | 着物 | Comments(0)
<< カワウソのお祭り 揚げあられ② >>