早めの広重

忘れていて慌てるのが好きではないので、
今回は早々と行くことにしました。
今日からスタートの新しい広重展@UFJ貨幣資料館(クリック)
c0021551_14361478.jpg

今回もらってきたのは・・・・
c0021551_14375579.jpg

(冬の)深川木場
季節感があって良いです。
ほんのちょっとした手紙を書くのには、
けっきょく季節感のある絵はがきが一番便利なんですよね~。
今回も早く行って良かったです。
他の3枚はイマイチだったから・・・・
さすがに初日なので人がいました(^^;)
それも何人か・・・・・

今回の展示で印象的だったのは、
広重の肉筆画。同じような構図の版画も並べてあります。
原画のさらにもとの写生なのかしら?

ちょっとパンフレットからの拡大ですが・・・
c0021551_14433771.jpg

ずっと以前、美術館で広重展を見た時にも
版画の下絵の制作過程のわかる展示があって
人物だけが浮世絵風なのに
風景が現代の人の写生と変わらず、
しかも筆で書いてあるのに驚いたのですが、
今回のもやはり、うまいなぁ~と感心しきり。
しかもめっちゃ細い筆で細密に描いてあるので
上の写真では全然再現できてません・・・・・

今回のは若い頃の作品もあり、
北斎など他の人の絵もちゃっかり借用している説明があります。
そうやって学びつつ自分の写生と感性で
どんどん独自の境地を広げていったんだぁ・・・・

特に興味があるわけでもない広重の作品ですが、
こうして半ば無理矢理見ていると何か得ることがあるのかも・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2013-02-05 14:53 | 外出 | Comments(0)
<< 三宮庵 カワウソのお祭り >>