長唄鑑賞きもの

さて、今日の演奏会、
我々の先生のお弟子さん方の出番がなんと11:20ころからたてつづけにあります。
藍の会も同じです。
どうしましょうか・・・・
お昼はお弁当を持って行くことにします。
お弁当を買って(夫の分も)、着物を着て出かけて、着いてからロビーで食べて
これで間に合うかな?
では、何時にスタートするか・・・
あ、夫がマゴ君たちとおあなみせんのSLを見に行くと言っています。
え~っと、8:45に夫が出発。そのあと着物を選んで・・・・・
ぢつは、コレに手こずってしまいました。

あまりカジュアルでも場違い・・・・
かといってロビーでこっそりお弁当とか、地下鉄からちょっと歩くとか、
ちゃらちゃら柔らか物を着ていくというにはやや過酷な条件です。
ああでもない、こうでもないとベッドの上が着物と帯のやま・・・・・
出来れば出番の少なかった物にしたいです。
さんざん迷って、こうなりました。
c0021551_2243208.jpg

波のお召しにむか~し、骨董市で買った古めかしい帯。
ちょっと粋な藤の花の縞
色が暗いので差し色に帯揚げは芥子色。
帯締めがグレー濃淡の不思議な組み方のもの。
ちょっといつもと雰囲気が変わりました。年相応っていいますか。

このあとは順調に事を運び、11時には芸創センターに着きました。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-02-17 22:55 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2013-02-18 12:04
渋かっこいーい。
なるほど、お召しはそういうときにいいのですね。
Commented by yamamotoyk at 2013-02-18 19:12
すばるさん、(二重に)ありがとうございます。
お召しがこういう時に良いのかどうかはわからないんですが、
出番の全くなかったこの帯をなんとかしようとしたら
結果、こうなりました。
お召しは、かちっとした風合いが
洋服で言えば、マニッシュなスーツという感じで好きです。
と言ってももちろん色柄のあることなので、
一概にそう言えるわけではないのですが、
これは特にそんな感じがしますね。
自分ではあまり選ばない色柄なので、
困った時に助けてくれるようです。
波のさりげない柄付けが意外に大活躍です。
<< 文旦ピール、チョコは? 名古屋長唄大会 >>