椿銘仙帯と絞り半襟

今日は寒いけど良いお天気。でも途中雪がちらつくかも、という予報です。

絞り半襟を縫い付けた半襦袢(クリック)が筒袖だったのに
昨夜、引き出しの中のうそつき替え袖を縫い付けたので
長さ(裄)が合うかどうか試すつもりで
(良ければミシンで縫おうかと)合う着物を探しました。

あまり時間もなかったので無難な着物に決定。
ついでに帯もその前悩んでいた椿帯を思い切って合わせてみました。
(時間があるとまた悩んでしまうので、時間がない時に、ケッテイ!と言うわけ)
c0021551_17575967.jpg


15年くらい前に仕立ててもらったシルクウールです。
青っぽいグレーで帯が合わせやすく、ずいぶんよく着ました。
あらら、なぜか、丈が短くなっていますね。
お端折りから腰紐が見えてしまいそうです。
そんなに着丈を長く着ているわけでもないのに・・・・
このところず~っとセルフドライで洗っていたので
縮んでしまったのでしょうか?
着ているとだんだんお端折りが見えなくなってきます。
もう限界?布地の見かけはなんとも無いんですけど・・・・

帯は伯母の銘仙の着物を洗い張りした物を
黒い帯に縫い付けてあります。
赤い花の所に銀糸が入っています。
c0021551_186478.jpg

このところこの色柄が急に派手な気がしてきて
やや躊躇してしまうのですが、
後ろはさいわい赤い花が出ないので、ま、いいかなって。

おくみだか襟だかの半幅部分の布で
柄が良い場所にある布があと1枚あるので
(残り2枚は真ん中に花が来ない)
教室の若い人に布をあげることにしました。
むしろ彼女にぴったりの帯になりそうです。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-02-20 18:14 | 着物 | Comments(2)
Commented by しんのすけ at 2013-02-21 18:40 x
銘仙でしたか・・・
椿柄が欲しくて、いろいろ物色していますが、まだ、出会い待ちです
暖簾でいいのがないかなぁ
Commented by yamamotoyk at 2013-02-22 21:21
しんのすけさん、ありがとうございます。
遠目には銘仙らしくないのですが近寄ると
絣模様がよくわかります。
今、椿の季節ですからね。
中日ビル2階奥の和小物店に
椿の風呂敷が色々ありましたよ。
良い物が見つかると良いですね。
<< チョコ掛け文旦ピール挑戦 ふき味噌利用 >>