引っかけ結び風☆お太鼓むすび

いつも引き抜き結びで結んでいますが、
今回、かなり短い帯をどう結ぼうかと思い、
引っかけ結びを参考にして結んでみました。
ただし、ちゃんとした引っかけにするにはそれでも短すぎるので
引っかけ風、太鼓です。

ぢつはこの帯は布地も少なく胴に1重だけ巻くつもりで作ったのですが、
胴には2重に巻く方が安定します。
かといって作り直すほどの帯でもない・・・ということで・・・・一工夫です。

ちゃんとした江戸時代の引っかけ結びは
とんぼさんの所さんを見てください。(クリック)

梶野家のおひな祭りで千夏さんの芸者さんの着付けの様子はこちら(クリック)

今回、ボディーさんの代わりに椅子さんにモデルを務めていただきます。
c0021551_17564058.jpg

まずは短めの手を上に出して胴に(2回)巻きます。
手先は焦げ茶色です。
c0021551_17585957.jpg

上に出ていた手先をぐいと引き下ろし、
タレを手先の上から下にくぐらせて結びますが、少し引き抜いたところでタレをきれいに広げましょう。
タレがおしりの辺りの長さになったら、引き抜くのを止めましょう。
今回はタレの裏がこちらを向くように結びました。
どちらが見えても良いのですが、好みや柄の具合で裏表を決めてください。
c0021551_1813839.jpg

引き出したところがお太鼓になるのでそこもきれいに広げてください。
このときに手先を半分の幅に折って胴に巻いたところに美しく収まるようにしてください。
手先がどこにあるかわかりますか?
きれいに胴部分が三角に畳まれて手先を包んでいますね。
c0021551_1834975.jpg

ここで上に上がっているところをぱたっと倒せば、はい完成。
ここで、タレに長さとお太鼓の大きさを調整します。
お太鼓を引き出すようにするとタレが短くなります。
タレを下に引くとお太鼓が小さくなります。
緩んできたら、手先とお太鼓の内側を引き締めると締まります。

このままで完成ですが、これでは着ている間に緩んでくるので
帯揚げと帯締めで補強(笑)します。
c0021551_1874596.jpg

普通のお太鼓のように、帯締め、帯揚げを当てます。
このときにお太鼓の形を整えて、帯締めをしてください。
お太鼓の部分にゆとりがあれば帯枕をするとかっちりします。
今回は長さがぎりぎりなので帯枕はしません(出来ません)
だからぺたんこのお太鼓です。
c0021551_1810911.jpg

真後ろから見るとこんな感じ。
タレは帯の裏が見えているので焦げ茶色です。

柳結びや本当の引っかけ結びは、3番目の写真の所、
お太鼓を下に下ろす前に帯枕を包んだ帯揚げをあてがうので
お太鼓がゆらゆら揺れて粋です。帯締めは無しです。
ひっかけむすびの場合は帯揚げの代わりに
前掛けの紐を結んだのではないかと言うことです。
それとも帯揚げを結んだあと、帯締めの代わりに前掛けの紐かな?
そうすれば、帯が半分見えてかっこいいですよね。
柳結びは手を後ろにやった辺りに、お太鼓の下端が来るような長さ、だったかな?
おしりが隠れるくらいの長さですね。

ね、引き抜き結びって、すご~く簡単でしょ?
角出しはここから手先と、お太鼓の下になった部分をもう一結びするので
やや、面倒ですが、何より、帯締めで締め付けなくても
帯は緩んだり、壊れたりしないので、とても楽なんです。
帯締め、帯揚げをするまでは前で行い、
この時点でくるりと後ろに回し、
帯揚げ、帯締めを美しく結びなおせば完成です。
帯揚げ帯締めを結びなおすのもお太鼓が崩れないので楽ちんです。

これ、もっと広まらないかなぁ~、半幅帯並みに楽なのに・・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2013-03-13 18:38 | 着物 | Comments(2)
Commented by りこ at 2013-03-14 05:53 x
前掛けは、帯締めの代わりに、一票~!

お太鼓結び自体、明治以降の結び方だけど、引っ掛けの結びは江戸時代もやってたろうから、帯締めは庶民は使わなかったと推測。
武家の後家や粋筋ならともかくとして。
お太鼓の上から、バッチリ前掛け締めてたんじゃないかな~。
まぁ、当事の庶民は今の洋服のように、みんな好き勝手に着てたと思うから、なんでもありだったでしょうね~^^
Commented by yamamotoyk at 2013-03-14 20:50
りこさん、ありがとうございます。
そう言えば、ゆらゆら揺れる帯は前掛け姿には不便ですよね。
お太鼓の上からばっちり前掛けの紐を締めれば
ゆらゆらも落ち着きますしね。
<< 布ワラジ 雨予想の着物 >>