胡蝶蘭が咲いた☆

夫がもらってきた胡蝶蘭、ずいぶん長く咲いていて
花が終わってからは、窓辺近くの棚の上に置きました。
と言っても窓際は気温の変化が大きすぎるので50cmほど離れています。
時々植えてある水苔に触ってカラカラになっていると
牛乳パックを洗った水(薄~い牛乳水)を掛けてやっていたら、
1月の終わりにふと気がつくとつぼみができていて(クリック)、
今朝一花だけ開花☆(夕方にはもう一花半開きに)
15個あるつぼみが全部開いたら、また記録しておきましょう。
c0021551_19232030.jpg


それにしても、いつ花が咲いていて、いつ花が終わったのか、
全然記録も記憶もない。
夫が言うには2011年9月にもらってきたそうで・・・・・
で、何ヶ月も咲いていた・・・・
それにしても、まさか、また咲くと思っていなかった・・・・
一年かかってまた咲いたってこと?

根が伸びていたのは気づいていたので世話だけしていたのですが・・・
こうなったら、植え替えなどして心地よくさせてやった方が良い?
下手に触ると怒るかもしれないから、様子を見て、ですか?

気温が15度以下になるところでは越冬が難しいそうですが、
だいたい16度がこの場所の最低室温なので、
それがちょうど良かったんですね。
世話しすぎず、忘れず、というのが原則ですが、
こんな感じでいつまで行ってくれるかな?
[PR]
by yamamotoyk | 2013-03-15 19:30 | 園芸 | Comments(6)
Commented by uzuz at 2013-03-15 19:53 x
蘭の類はなんだか難しい印象があるのですが、上手にお世話をなさるとちゃんと花が咲いてくれるのですね。
つぼみが全部開いたところ、楽しみにしています。
Commented by yamamotoyk at 2013-03-15 21:48
uzuzさんありがとうございます。
植物はひとえに相性だと思います。
場所の相性、水やりの相性。
たまたまこの場所と私に合っていたんですね。
こんなに蕾を伸ばすまで気づかなかったくらいですから・・・・
気が向くと水をじゃぁ~と掛けてただけ。
Commented by buribushi at 2013-03-15 22:41
胡蝶蘭がおうちで咲くことってあるんですね。
けっこう長い間枯らさずに置いておかれたんですね、それも普通難しいことかも知れません。
たしかに構い過ぎず、忘れず、がいいのでしょう。面白い。
Commented by yamamotoyk at 2013-03-15 23:00
すばるさん、ありがとうございます。
さすが、熱帯名古屋(苦笑)
胡蝶蘭にぴったりの気候だったのではないかと・・・・
ふと気づいた時に牛乳水を根元にかけるだけ・・・・
でも、ひょっとすると、
胡蝶蘭が水欲しいと、呼びかけるのが聞こえるのかも(まさか)
Commented by akipuku at 2013-03-18 10:03
初めまして、こんにちは。akipukuと申します。
友人より譲り受けた胡蝶蘭の花が終わり、このさきどうしたものかと思いながら、うまこさんの投稿にたどり着きました。

お世話の技術的なお話はweb検索でいくらでも出てきますが、
うまこさんの記事を読んで、「忘れないでいる優しさ」が一番大切なんだな」と、なんだか腑に落ちました(笑)

我が家は多肉植物ばかりなので、私の水遣りレーダーは大分ニブイのです。

でも、この冬ずっと部屋で異色の華やかさを与えてくれた胡蝶蘭ですから、眠っている間も良い環境にしてあげられたらと、思っています。
Commented by yamamotoyk at 2013-03-18 18:45
akipuku さん、初めまして、ありがとうございます。
多肉植物専門なんですね☆
胡蝶蘭は多肉植物にちょっと近いと思います。
葉っぱも多肉系♪~だから、大丈夫と思います。

忘れないでいる優しさ! いい言葉ですね!
その通りだと思います。

牛乳パックが空になったら、
洗った水を根元にざ~っとかけて・・・・(1回/1~2週くらい?)
ほとんど、下に流れ出ちゃうので下のお皿忘れないように(^^;)
たまに葉が元気なさそうな時にも追加で水をやりましたけど・・・

そんなな感じで一年くらい何も変わらずにいてふと気がついたのです。
ほ~んとにびっくりしました。
いかに根元しか見ていなかったか・・・・
<< 円山応挙展 布ワラジ >>