ゴージャス粕

この前の土日、あちらこちらで桜祭りがあったようですね。
嵐だし・・・桜 もう散ってるし・・・・
でもどこも頑張っていたようで、
ご近所の商店街も地域公園での桜祭り、頑張っていました。
なっが~い行列の出来ている出店はおまんじゅう屋さん。(お値打ちらしい)

でもね、お客さんがいなさそうなお店にお宝があるんですよね・・・・
c0021551_19174672.jpg

ちょっといいお酒の粕です。
上の二つが読めませんか?
では拡大・・・・
c0021551_19185021.jpg

どうだ!まいったか。ウフフでしょ?

三つとも買って値切る私・・・(^^;)お札一枚にしてもらいました・・・
その代わり、高そうなミリンも一本買いました(^^;)ケド

九平次の粕はなんだかチーズのような味わいです・・・・
(夫は同意しないけど・・・)
でも、夫も九平次のが一番おいしいと言って
普通の粕はトースターで焼くのですが、
今回はどれもそのまま食べています。
味がわかるとは言えない私にも、3つとも違うわ~と言うことはわかりました。

いい商店街があって嬉しいです☆
[PR]
by yamamotoyk | 2013-04-11 19:26 | 食べ物 | Comments(8)
Commented by minnieiko at 2013-04-11 21:10
おぉぉぉ~、これはすごいラインアップですね!
確かにこのままいただいても美味しいことでしょう。
わたし新年早々に大量の酒粕を入手したので粕煮をあれこれ試してます(小分けして冷凍したけどまだ使いきってない(^^;;)
Commented by チヒロ at 2013-04-12 12:18 x
おおお!これは!
いいですね。醸し人九平次の酒粕!
私が関わっている研究会で今度酒米を造るのですが、
醸造を醸し人九平次さんにお願いすることになったそうで、
ちょうど昨夜、九平次さんの話で盛り上がったところです。
酒粕なんて売ってるんですね。
いいなぁ。これは食べてみたいなぁ(*^^*)
Commented by buribushi at 2013-04-12 22:42
九平次さんは知らないんですけど、八海山と言い、久保田と言い、新潟じゃないですか、なんか嬉しいです。
Commented by yamamotoyk at 2013-04-12 23:05
えいこさん、ありがとうございます。
最近の微生物ブーム、
酒粕を使った料理が色々発表されていますね。
肉や魚を漬けておいて焼くのも簡単。
味噌と半々にすると手っ取り早く味の調整が出来て
我が家では毎日のお弁当になっています(^^;)
Commented by yamamotoyk at 2013-04-12 23:08
チヒロさんありがとうございます。
えぇ~!チヒロさんのお話の方が
ずっとずっとスゴイじゃないですか!
できあがったお酒を受け取るときに
忘れず粕も頂けるようお願いしてください。
ちょっと変わった味の酒粕なのでいいですよ!
Commented by yamamotoyk at 2013-04-12 23:14
すばるさん、ありがとうございます。
米どころ、酒どころ新潟。
名古屋でも新潟のお酒は人気です。
九平次さんは地元名古屋の地酒で
戦略が功を奏し今や世界的な日本酒になって(特にフランスで?)
普通の酒屋さんでは手に入らないんです。
でも、販路開拓の時から取引をされていたので
そのご縁で品薄になっても必ず卸しているのです。
そういう有りがた~い酒屋さんがご近所なので嬉しいのです。
Commented by ぼん吉 at 2013-04-13 00:35 x
す、すごい酒粕ですねっ!
ここまで来ると、カスなんて呼んぢゃいけないほどですね。

で、ボクなら、コレで甘酒を。
いつ飲むの?今でしょ!
だって寒暖の差が激しいから。
これ飲んで寝れば、いい夢が見れそうです。
ちゃんと歯磨きしてから寝ましょうねっ!
Commented by yamamotoyk at 2013-04-13 22:38
ぼん吉さんありがとうございます。
そうですね。もうカスではなく・・・
粕・・・・ハクと音読みしましょうか。

甘酒ですか、それも良いですね。
暖まりそうですね。
<< 岩根絞り 藤の花帯 >>