黒絣サマーウール

暑いような暑くないような・・・・・
では、本格的に暑くなる前にウールを着ましょう。
と言うことで、今日はサマーウールです。
染めでなく本当に織り柄(絣)が入ってちりめんのようなしぼのあるサマーウール。
c0021551_18522892.jpg

塩沢と間違えられることもある、良い感じのウールです。
きっといいお値段の物だったのでしょうけれど、
新古品として反物で並ぶとウールなのでめっちゃお値打ち品。
かなりお気に入りの一枚なので
着ないうちに暑くなってもらっては困ります。
うそつきだけならちょうど良い季候です。

帯は古い単衣帯。母の物なので昭和20~30年代の物?
実は、この帯は裏が前回のフジのちりめん風呂敷帯。(クリック)
薄手ですが、かなり硬いので結構苦しい・・・(>_<)
(それって姿勢が悪いってこと?)
でも、爽やかな色合いは今の季節にぴったりです。
フジをイメージして帯揚げも帯締めも薄紫~ピンク。

これに木綿ショールをして出かけました。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-04-17 19:01 | 着物 | Comments(7)
Commented by bananamama at 2013-04-18 07:58 x
そう・・・もう単衣解禁にしてほしい位ですね。
藤の帯は持ってないのですが「桐の花」はある

こちらの方が珍しいみたい、パッ見ると藤の花にもみえるので
締めます!
Commented by のんこ at 2013-04-18 17:35 x
陽気で サマーウールの登場が早くなりますね。 木綿でも暑いくらいです・・・ ^^;
Commented by yamamotoyk at 2013-04-18 19:00
bananamamaさんありがとうございます。
普段着はね、気候に合わせれば良いんですよ。
他人の目が気になる場所ではなんちゃって袷、という裏技も☆
しかし下着の工夫でずいぶん快適に過ごせます。
名古屋では長襦袢は暑すぎるというのが持論です。
Commented by yamamotoyk at 2013-04-18 19:04
のんこさん、ありがとうございます。
サマーウールでも暑い日があったり、ちょうど良い日があったり。
ウールは意外に快適なんですよ。
なんたって羊さんが一年中来ている衣ですからね。
それでも、来月にはぼちぼちポーラ(真夏用ウール)でしょうか。
Commented by yamamotoyk at 2013-04-18 19:07
あ、bananamamaさん、そろそろ桐の花の時期ですね。
連休かそのちょっと前にこの辺りでは咲き始めます。
やはり北の地方(桐箪笥や桐下駄の産地)の方が
この花に馴染みがあるのでしょうね。
Commented by buribushi at 2013-04-18 20:06
暑いんですか、やはり違いますねー。
当地はやっと桜が咲きました。
近くのお庭(良寛僧ゆかりの場所)に、ピンクがかったきれいな桜が咲いていたので褒めたら、名古屋の桜よ、とのことです。
名古屋の桜ってどういうことか知りたいけど、「ナゴヤノサクラヨ」って、アメリカの人なのであまり細かい話が出来ません。
Commented by yamamotoyk at 2013-04-18 23:34
今年の4月は例年よりちょっと寒くて、とても快適な気温です。
薄手のコートやジャケットが気持ちよかったりします。
でも、節電(無冷房)のせいもあるのかビルの中は暑かったりします。
サマーウールを着るのにうそつき襦袢の下に
薄い肌着を着たら、暑くて、すぐ脱ぎました。

名古屋の桜ですか・・・・
いわれが知りたくなりますね☆
<< ご近所のフジ またフジ >>