着物で文楽

さて、このところの気ぜわしさで、直前まで着物の準備がありません。
ふと気づくと2時半には着始めないといけない・・・・
職場は2時には出ないといけない。可能なのだろうか?
でも、着物を選ぶ時間が・・・・あぁぁぁ

ところが、さらに色々ハプニングがおきて・・・余裕~となったのです☆
(詳細は要因が多すぎて説明不能)

今日はかなりの曇天。
肌寒いほど。いえいえ、短い袖のTシャツ着てるじゃぁないですかぁ~
ぜんぜん寒くないですよ。むしろ蒸し暑いでしょう・・・・
というわけで、
c0021551_21243579.jpg

ポリ楊柳の浴衣着物。この時期にはちょうど良いですね。
インド臈纈の帯。
午前の部なら義経物なので勧進帳の歌舞伎帯でもいいんでしょうけれど、
午後は何の関係もないのでイマイチ。
純粋に雰囲気で決めました。
紫を中心とした色合わせですね。
バティックの半襟を含めて小物は赤紫で、夏物です。
(帯揚げはスカーフですけど)

雨が降ってもいいようにバッグには傘とレインケープを放り込んでいきました。
おまじないですね。もちろん不要でしたよ。

さて、他のお客さんも気になりますよね。
着物の人もちらほら。皆さん気合いの入った着物でしたね。
絽目のあまり目立たない絽に絽綴れの帯の方もいましたね。
洋服の方も気合いの入った人が多かったです。
おしゃれをして行くところがあるのは良いことですよね。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-01 21:47 | 着物 | Comments(0)
<< 梅もショウガも漬けちゃえ~ 第1回中日文楽 >>