日本カボチャ

わたしの子供の頃は今で言う日本カボチャが普通でした。
昭和35年くらい、(とネットには書いてありますが)、急に西洋カボチャに変わりました。
ニンジンはそのちょっと前に今の短い西洋種に代わったような気がします。
昔のは赤いゴボウのようで細くて長くておいしくなかったです。

何はともあれ、その後、日本カボチャはほとんど見られなくなりましたが、
最近ちょくちょく見かけます。
c0021551_196126.jpg

先日も八百屋さんに見慣れた黒皮カボチャという日本カボチャが並んでいたので
喜んで買ってきました。季節なんですね。
c0021551_1963839.jpg

ぢつは私、煮物にするなら西洋カボチャより日本カボチャの方が好きなんです。
西洋カボチャは甘くてほくほくしているので
日本的な煮物にすると、甘すぎるし、煮崩れるのが嫌いなんですね。
c0021551_197925.jpg

というわけで、水、酒、ミリン、醤油で煮ました。
煮含めたあと、冷めてから食べるのが好きです。
真夏はさらに冷蔵庫で冷やすとおいしい~☆

ちなみに西洋カボチャで好きな料理は、
薄く切って油なしのフライパンでじんわり焼くのかな。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-04 19:14 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2013-06-05 07:22 x
去年のかぼちゃ話題で種類や産地に関心があります。
確かに西洋かぼちゃは火を掛けすぎると皮が剥がれ溶ける感じ。
他の具材はしっかり残っているのに。
日本かぼちゃチェックです、かぼちゃ好きなので。
Commented by yamamotoyk at 2013-06-05 21:22
bananamamaさん、ありがとうございます。
どこかで黒皮カボチャ見つかるといいですね。
ズッキーニと西洋カボチャの間のような感じで、
煮ると、ちょっとねっとりとした感じになります。
和風の煮物しか作ったことはないので、
わかりませんがカボチャ自体の味はあまりないのかも知れません。
見つかれば、一度お試しください。
<< 竹楊柳 ハチクの色II >>