竹楊柳

かっかと暑い日です。旧暦ではまだ4月です。
来週、旧暦の5月に入ります。
何が言いたいかと言えば・・・
旧暦では梅雨の間のこのようにめずらしく晴れた日をさつきばれ、五月晴れと言います。
だから、今日のはまだ五月晴れじゃぁないんですね。

閑話休題

暑い日ですが、朝夕は結構涼しい(寒いくらい)
6月なので単衣の着物と思っても、
この暑さでは絹物は汗になりそうで、躊躇。
では涼しい日は・・・・・お天気が心配でやっぱり躊躇。
貧乏性なので絹物の出番が少ないです(^^;)

というわけで、透けてない、でも、楊柳で涼しそう、でもぢつは涼しくないコレ
c0021551_21412491.jpg

くるりの竹楊柳着物です。
帯は2部式のタイヘンプ(タイ産大麻)帯
今気づいたのですが、お太鼓が裏返しです(^^;)(前と後ろ色が違う)
なんということ・・・・(>_<)せっかく青緑より黄緑の方が合うと思ったのに・・・・
今の今まで気づかなかった・・・・・やんなっちゃう(T_T)

涼しそうだけど涼しくないって?
そうなんです。
竹繊維製品はほっこり暖かいんですね。
冷房対策には良いんですが・・・・・
もっとも、同じような感じの木綿は持っていないので比較できませんが、
麻(小千谷縮が似ている)と比べると比較にならないほど違います。
土曜日はポリの楊柳だったのでポリは比較できそうですね(まだしてませんけど・・・)
蒸し暑さはどうでしょうか・・・・わかりませんが今日は結構蒸し暑かったです。

地下鉄からの帰り道、かなり風があったのですが
裾はハタハタしますが、体に風は当たりません。
ひんやりともしません。
麻ならここで風が体を通り抜ける感じがするほど涼しいのですが
竹繊維は防風効果抜群?おまけに熱が伝わらず、逃げにくい?
コレが暖かさの秘密?
梅雨時の小涼しい日に見た目の涼しさを演出するにはいい?

それにしても既製品のこの着物、寸法がイマイチなのか、
麻より柔らかい竹繊維の特徴なのか、
イマイチきりっとしない・・・・
サイズが大きいからかと、少し縫い縮めたのですが・・・・
前の合わせが浅くなっただけで変わり映えしません。
着方の下手さが丸わかり・・・・
洗って、また来年までお蔵入りですか・・・・

そんな感じですね。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-05 22:23 | 着物 | Comments(0)
<< アジサイ 日本カボチャ >>