猛暑、そして雨

水曜日にまだまだ・・・なんて言ったあとについに猛暑日(35℃以上)と、熱帯夜。
でも今日はさほど気温は上がらない予想。それでも、限りなく蒸し暑いです。
しかし午後から雨だそうですね。
となれば・・当然・・・・
麻の襦袢に麻の着物。濡れても大丈夫。
そして帯は、ポリの紗献上。やっぱり濡れて大丈夫。
履き物も下駄ならいいかな。

今日は長唄、先生方の模範演奏の会ですからちったぁ上品な着物で。
というわけで・・・
c0021551_22233591.jpg


今日は朝から大忙し。
午前中は仕事。
昼食後、家に帰っていては間に合いません。
かといって荷物を増やすのも・・・・
え~い、朝から着てっちゃえ~。
大丈夫。職場では作業着に着替えますから・・・・

というわけで、仕事のあと、急いで鏡無しで着たので
帯結びがね、お太鼓を小さめに小涼しく結んだつもりが
ちょっとテがね、長すぎて・・・・
結びなおす時間が惜しくて・・・・
コレはコレで、粋な感じになりましたが
意図した雰囲気とは違ってしまいました。

で、せっかく軽い帯にしたのでこの際・・・
c0021551_2383195.jpg

お魚の帯留め。着物の柄を水に見立ててね。

最近の雨の予報はことごとく外れていましたが、
今日は大雨女の大先生のおかげで降りました!
先生、ありがとうございます!
(でも先生お風邪ですって・・・お大事になすってください)
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-15 23:11 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2013-06-16 23:45
はんなりした色の取り合わせ、きれいですね。
あ、サカナの帯留め、私が作ったのとおんなじだ。
Commented by yamamotoyk at 2013-06-17 21:50
すばるさん、ありがとうございます。
なかなか上品な染め麻。とてもいい古着です(^^;)
掘り出し物のポリの紗献上も色が良く合いました。
サカナの帯留めはもちろん箸置きです。
市販の三分紐用の金具が無くて苦労していた時代の物です。
<< 桔梗開花 宮部みゆきと玉サマの聞得大君 >>