鶏手羽元さっぱり煮

鶏手羽元のさっぱり煮は以前にも書いて、(クリック)
結構記事ランキング上位に来ていますが、見ると量が書いてありません。
そこで、量を書き足しておきましたが、
実際に使う量はテキトー(目分量)です。
今回は野菜をたくさん使いたかったので
手羽元に焼き目を付け大鍋に入れ野菜も入れ
分量の水を入れると中身が水面から出ます。水をやや増やしてひたひたにして
そこへ分量の酢、酒とミリンと醤油と砂糖を適当に入れ
あとはひたすら弱火で煮込み、最終的にやや薄めの味になりました。
c0021551_2263458.jpg

今回の野菜は
大根、ニンジン、ゴボウ、タケノコ、煎り大豆を使いました。
横に乗せたのは十六ササゲです(夏ですね~)
このほか、ギンナン、お揚げさん、キノコなどもいいでしょう。
緑の物(インゲン、ササゲ、エンドウなど)を別茹でして
最後に乗せると彩りがきれいですね。

十六ササゲご存じない?
細なが~いササゲです。長さ30cmくらい?
で、サヤインゲンの半分くらいの細さです。
豆が16入っているってことで、そう呼ばれます。
昔は単にじゅうろく、と言ってました。
こんな風に短く切って使います。
この辺り(岐阜・名古屋)の夏の地元野菜ですね。
ちょっとクセがあるので、嫌いだったのですが
この年になるとなんだか懐かしいし、伝統は残した方がイイですからね。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-16 22:14 | 食べ物 | Comments(0)
<< 鶏レバー甘辛煮 父の日ギフト >>