縫い目の見えないバッグ

三味線袋の作り方を考えたので、
この辺りで、作り方をまとめておこうと思います。
でないと忘れてしまいそう。
c0021551_16195033.jpg

1)まず、裏地と表地2枚の布を用意します。
幅は同じで長さは表地を5cmほど長いものを準備します。
これで、少し表地が裏に回ります。
もし、裏が見える方が良ければ裏を長く、
裏表ぴったりなら(毛抜き合わせというのかな?)同じ長さにします。
c0021551_15275741.jpg

2)裏地と表地を中表にして縫い合わせます。
c0021551_1623670.jpg

こんな感じになるはずです。

3)ここからがヒジョーにトリッキー。
この状態で縫い目をぴったり合わせたら上の図の中で赤い線で表した辺り、
真半分に折ります。
c0021551_1633617.jpg

こんな感じになるはずです。

4)美しく仕上げるためには縫い目の位置をきれいに合わせること。
きちんと同じ長さに折ること。
きれいに折れたら、図を手前に回転させます。
c0021551_164033.jpg

こんな感じに見えるはず。

5)いよいよ両端を縫います。
赤い線の所を縫いますが、表に返す場所がいりますので、
そこから少し離れた位置を縫い残します。
下の破線の部分です。
破線で示したと言うことは、この返し口は裏地だけ縫い残し、
表地は縫うのです。
さすがに一度ではできないので、返し口に相当する場所では
表地だけを先に縫って、あとでまとめて縫うときに縫い残すと巧くいきます。

三味線袋の場合はここで、紐を挟んで一緒に縫いますが、
よく確かめて表地の間に紐を挟むようにします。

6)返し口からひっくり返します。
返してみるとわかりますが、袋が裏向きになった状態になります。
返し口を手縫いで縫ってふさぎます。
もう一度、表になるように袋の口から返して、完成です。

応用して、三味線バッグの残り布を使って、ショルダーバグを作りました。
c0021551_1548832.jpg

果敢にも蓋付きバッグに挑戦です。
少し布が不足なので裏地に選んだ木綿地を表に出して、
さらにアクセントで焦げ茶色の布も使いました。
こちらが裏になる側。
c0021551_15493322.jpg

ココまでは写真用の画像です。
ココで、上の図のように裏返しにして、
蓋を作るので真半分ではなく、蓋の分を考慮したところで折って縫いました。
c0021551_1551205.jpg

小さな端布も残さず、飾りにしました。
ミシンのかけ方がゆがむのでなんだかピシッとしない形ですが・・・(^^;)ゞ

蓋を開けるとこんな感じ。
c0021551_15524425.jpg

ショルダーバッグですが、紐まで頭が回っていなくて
後でまた考えます。

ついでに最初に縫ったイマイチの三味線バッグ
c0021551_1554174.jpg

口元にはミシン目が見えるし、紐はその辺のリボンだし・・・

c0021551_15544189.jpg

あぁ、コレでビシッとしましたね。

本当はもっと大物を作ったり、
今日は大須の骨董市だし、閉店間近なMONONさんにも行きたいけれど、
のどが痛くて頭も熱っぽいのでゴロゴロしています。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-18 15:56 | 手芸 | Comments(4)
Commented by しんのすけ at 2013-06-18 22:35 x
あれれ、うまこさんも不調ですか・・・
私も明日はどうだろうか?というところです
よく寝て備えるつもりですけど
Commented by yamamotoyk at 2013-06-19 16:43
しんのすけさん、ありがとうございます。
今日の先生も咳をなさっていました。
風邪が流行っているようです。
お大事になさってください。
Commented by bananamama at 2013-06-20 06:04 x
何度も見入ってしまいます。フムフム・・・
まず、表裏無地同色でやってみようかな~
ポッシェットまで素晴らしい^^
風邪お大事に。大須骨董市 長らく行ってません、行きたいな~
Commented by yamamotoyk at 2013-06-22 20:31
bananamamaさんありがとうございます。
絵が下手でややこしくてスミマセン。
手描きでもっと巧くできればいいのですが・・・・・
色々試してみてください。
できると楽しいです。
<< 台風接近浴衣着物 梅2題 >>