水無月が食べたい

まずは、不気味な1枚。
c0021551_20513959.jpg

関西の方にはもうお馴染みのようですが、
岐阜名古屋人の私としてはあまり馴染みのない頭です。
これは夏のお魚。そうハモですね。
こんな頭の入ったパックには始めてお目に掛かりましたm(_ _)mチハ

6月30日今年もとうとう半分過ぎて、ぼちぼち真夏突入の季節。
今日のマゴ会食には夏の物を色々取りそろえました。
でも慣れないことをするからしっちゃかめっちゃかで、
訳のわからんメニューになってしまったので、
巧くできたものの話だけを書きます。

予定としては、とうがん。はも。鮎。冷や麦。枝豆そして水無月。
一応クリアはしたのですけど・・・・しっちゃかめっちゃか(^^;)ゞ

はもは湯引きして梅肉ソース(刻み大葉入り)
c0021551_2132060.jpg

コレ5人分。ほんの一口ずつ。
でもって肝心のマゴ君の分を考えなかったので(>_<)みんなで少しずつ供出
マゴ君ハモが気に入ったって。ごめんm(_ _)m
鮎の塩焼きも同様。ごめんm(_ _)m

あとは飛んで・・・デザートの話題に。
6月30日に食べる水無月です。
京都の行事で、名古屋では知られていないので、あまり見ません。
しかも、本当は葛とかういろうで作るらしいのですが、
そこまで手を掛けられないので毎度わらび餅子で作ります。
三角に切るのも難しいので・・・四角(^^;)ゞ
c0021551_2192369.jpg

見かけだけは結構それらしく見えるし、すぐできて、
軽い食感がデザートにいいので、個人的には気に入ってます。

今回は「冷やしぜんざい1人分」を使ってちょうど良い小豆の量でした。
不思議なのは・・・・
c0021551_2112068.jpg

小豆の層は練って固まってきたわらび餅に小豆を混ぜて型に流したのですが、
下の層は汁の部分を混ぜて作ったわらび餅で、なぜか白く濁ってしまいました。
作り方としては、型に流した小豆部分に、
小豆なしの(濁った)わらび餅を上から乗せて2重にしてだけですが、
なかなか巧くくっついたようです。
ぶるんぶるんしたわらび餅は扱いにくいのですが、
ずいぶん慣れてきました。
もちろん、砂糖を混ぜて作ったので、程良い甘さで美味しかったです。
粗熱が取れて冷蔵庫に入れたのが食事の直前。ほとんど常温。

来年は鮎は止めてハモだけもっとたくさんにしよう。
品数押さえて・・・しっちゃかめっちゃかにならないように・・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2013-06-30 21:24 | 食べ物 | Comments(4)
Commented by bananamama at 2013-07-01 06:57 x
鱧、好き~鱧は時々並んでますが
鱧の皮が無い、皮も美味しんですよ^^
Commented by yamamotoyk at 2013-07-01 22:10
bananamamaさんありがとうございます。
なるほど、これは皮がないんですね。
皮のレシピも時々見ます。美味しそうですね。
Commented by 天鼓 at 2013-07-01 23:41 x
ハモにはなじみありますが、1匹は買ってきたことありません!
骨切りは素人には無理だと思っていました…。すごいですね。
たいていは「鱧落とし」になって売ってるし、よくても骨切り済みの切り身です。
私は切り身を買ってきて、家で湯通しして落としにしてます。
Commented by yamamotoyk at 2013-07-03 18:44
天鼓さん、ありがとうございます。
いえいえ、骨切りもさばきもやってません。
関西方面ではよくあるという、頭と骨の入った
骨切り済みのハモです。
皮がどうなっていたかとかもわからないほどです。
こういうパックははじめて見ました。
VIPの住んでいる地区の高級スーパーで見つけたのです。
もし、ハモに馴染みのない私が骨切りまでやったとしたら
それはもう記事にしたはずですから(^^;)ゞ
こんな美しくできるはずがありませんしね。
<< お庭の散髪 コート2枚から帯1本 >>