雨の日の着物

今日は夕方から雨だと思っていたら・・・なんと・・・・
朝起きたらもう降っているではありませんか@@
   涼しくて良いけど・・・・・・気分が滅入ります(-_-)

お庭の花たちは嬉しそうですが・・・・
気分が滅入るのは、
今日の夕方、介護保険の関係の訪問を予定しているからかも・・・・・・
気分の滅入っている自分に対して情けなくてさらに落ち込む自分。
まだ風邪を引きずっているのもありますね。元気ないです(-_-)

そんな気分を吹き飛ばそうと、
三味線の練習もせずにごそごそ始めたのは・・・・
c0021551_18561113.jpg

例のできたての帯に合わせる着物選び。
あら、黒い麻は極細縞ですがモアレに見えてますね。
右はべージュの縦縞麻ですが、意外に合いますが、かなり粋な感じ。
左の藤色楊柳ポリはやや色が馴染みません。
(それにしてもこのカメラ、色が出ない・・・・)

で、どれにしたかと言えば・・・
c0021551_18584484.jpg

結局小花模様のウール混。
雨に強そうで、涼しい気候には麻よりいいかな、と・・・

後ろも前も良い具合に柄が出ていますね。
前はちゃんと刺繍の部分が来ています('-^*)/
前帯の柄がいい位置に来るように調節したので
後ろのお太鼓がやや小さめになりました。
ま、軽快な感じでいいでしょう。

で、気分を挙げるために帯留めも・・・っと。
c0021551_192225.jpg

ガラスの波。
水ならアヤメというより、カキツバタですね。
(カキツバタは湿地、アヤメは乾いたところが好きです)
[PR]
by yamamotoyk | 2013-07-03 19:16 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2013-07-04 10:27
たしかに、滅入っているときの自分をあやすには、着るものを並べるの、効果がありますね。わたくし的には黒い麻と組むのが好きです。
多くはない紬を、着慣れて柔らかくする時間が足りないと気付いて、きもの好きな姪にあげることにしました。あす来るというので、箪笥から出してお別れしよう。
この間、母の手紡ぎ、手織、手縫いの留め袖を資料として保存、展示するというかたに送りました。お別れに一度まとってみようとおもっていたけど、なぜかその気になれなくて、撫でただけでした。
Commented by yamamotoyk at 2013-07-05 18:46
すばるさん、ありがとうございます。
黒麻の組み合わせがお好みですか?
では、次回もう一度、それで、試しましょう☆
姪御さん、着物がお好きで良かったですね♪~
是非、色々着てもらってください。楽しみですね。
お母上の留め袖も、良いところにお嫁に行けて、
本当によかったですね。
<< 焼きなす お庭の散髪 >>