麻の喪服

さて、親戚からはその後、連絡もないまま、準備は着々。

届いた綿麻のジャケットは・・・・
c0021551_21342515.jpg

まあまあな感じです。
白いのはまだタグがついたままだから。
雰囲気も麻っぽいし、心配するほど中のワンピースと色も違いません。
もちろん同じではありませんが、いかにも変というほどでもないという程度。
デザインは、ぢつはイマイチですが(ちょっと肩が下がってる?)
これは個人的な好みというだけで、
はたから見てどうこう言うほどではありません。
ごくフツーの(ことによるとダサい)テーラーカラーのジャケットです。
このまま十分出られそうです。

さて、貼り紋も結局電話をして(注文が届いていなかった)、
せっかくなので特急料金やら、代引きやらで
安いと思った元のお値段の倍くらいになってしまったけど・・・勉強代ですね。
c0021551_21414718.jpg

やや厚手なのでちょっと目立つかな・・・の感じですが、
c0021551_21423070.jpg

離れていれば、あるいは、注意していなければ・・・・大丈夫?
第一、ばれたってかまいませんし・・・・へ~、と言われておしまい・・でしょう。
麻の紋付を新調するほど財力はないです。

ただ、夜、話しやすい方の叔母に電話すると、
まだ状態は変わらないらしく、
最初、家族葬でするという話がその後普通にする、となって、
結局また、家族葬にするという話になっているのは本当らしく、
私は行かないことになったらしい・・・(+_+)

ま、気を取り直して、
この機会に準備ができたということで、話題の人物に感謝をしましょう。
どうぞ平安に旅立てますようにm(_ _)m
[PR]
by yamamotoyk | 2013-07-21 22:12 | 着物 | Comments(2)
Commented by しんのすけ at 2013-07-22 02:27 x
昨日実家で大騒ぎになったのもこの件で
いきなりの訃報があって、母が真夏の喪装がない・・・と騒ぎだしたためだったのだけど・・・いろんな被害妄想が膨らんで大暴れになると、靴のかかとも引っぺがしてしまう勢い・・・着物は・・・父の紋はもう着たくないそうで・・・ありますね、いろいろ・・・
どうも知らない間に処分してしまったらしく、礼装っぽいものが何もなくなってました  
Commented by yamamotoyk at 2013-07-22 10:42
しんのすけさん、ありがとうございます。
色々大変ですね。
永年の色々積もり積もった・・あるいは溜め込んだ物が・・・
私も自分が、かんしゃく起こしそうになることがあります。
今はじっと我慢ですが、私が事件の当事者になる日も遠くない・・・?
<< 米粉パスタ ソーダ三昧(ざんまい) >>