なつかしい江戸浴衣で・・・

今朝起きると、じゃんじゃんの雨。あらま・・・

部屋の中は大変に蒸し暑いのですが、
雨が降り続け、昼頃には、外の気温が下がってきましたが、
夕方にはあがるとか。

そういえば、今年は小寒い梅雨から一気に猛暑になってしまったので、
浴衣を着る機会がありませんでした。
今日を逃せば、もう、出番がないこの一枚を着てみましょうか。
c0021551_18255938.jpg

帆巴紋:ほどもえ紋になるのでしょうか。
帆掛け船が巴になった丸い模様が目を惹きます。

人間国宝、江戸小紋の小宮氏が江戸時代の長板中形の型紙を集め、
それを(フツーの人にも買えるように)現代の染料で染めた浴衣。
むかーし、東京・中野のシルクラブさんの展示会で、
コレなら買える値段・・・と買い求めた物。
木綿コーマ地の浴衣。
毎度、評判の良いこの浴衣。
さすがに色が薄くなってきた気がします。大事にしなきゃね。
関連記事を見つけました(クリック)

あぁ、でも目の詰まった浴衣地は暑いです。
わかっていたので、半襟無しで涼しく着たつもりが
風が通らず、汗も麻ほど吸ってくれないので
なんだかムシムシ、ジトジト。
おまけに半襟無しではなんだか襟元が着崩れます。
馴れない人の浴衣が着崩れるのは
あながち慣れないせいばかりとも言えないような気がします。

やっぱ、真夏の浴衣は夜のお祭りだけかな・・・(盆踊りいいなぁ☆)
少なくとも名古屋では・・・
最近体力低下を感じるので無理は止めて真夏はやっぱり麻にしましょう。
(麻の反物早く仕立てなきゃ・・・)

それに、浴衣は肌に直接触れるので、着たら早く洗わないとね・・・
夕方雨が止んだので、帰ってから早速洗いました。
最近、洗濯機のソフト(ドライ)コースでネットに入れて洗うので
一枚では偏って止まってしまうので、前回の上布と、
これから仕立てようと思ってる布と、簡単肌襦袢、足袋も一緒に回しました。
c0021551_18504211.jpg

また来年ね☆

付録:小宮氏の江戸浴衣はシルクラブで買えるらしいのですが、
これとは別の江戸浴衣はネットで注文できます。
毎年どれが好きか眺めて楽しんでいます(クリック)見るだけですけどね。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-07-24 18:57 | 着物 | Comments(0)
<< マニラ麻の帽子 新幹線はやぶさ >>