百日紅

今朝、庭を見下ろすと・・・・
c0021551_1726441.jpg

サルスベリの花ですね☆
百日紅というからには100日咲き続ける?
と思って昨年も、咲き始めと最後の花が散る直前まで観察しました。
で、結論は・・・・
昨年は8月3日に咲き始め、最後の寂しい花姿が10月22日。(クリック)
81日間だったようです。
百日紅はお寝坊さんと言われているようですが、
観察していると、新枝につぼみが付くようで、
先日来の雨が多かったときにやっと新枝が出て蕾が付きました。
ある程度の高温が必要なのかな。
中国大陸南方原産の木だそうだから・・・・
新枝に花が付くことがわかったので、この冬は思い切って枝を剪定しよう。

昨日も暑かったですが、今日も蒸し暑いですね。
ただ、仕事が少し早めに終わり、
午後4時ころ薄曇り(薄い影ができるくらい)の中を歩いていて
どんより暑いけど、なんだか、究極の暖かさだなぁ~と思って・・・・・
道の途中の気温表示を見ると・・・36℃だって。
はぁ~体温と同じだぁ~(標示が四捨五入なのか、切り捨てなのかで多少違いますが)
さすがに究極の暖かさと感じるわけだぁ~・・・と感心してしまった。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-08-08 17:46 | 園芸 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2013-08-09 08:41 x
サルスベリの街路樹をみると夏 
散り際はしんみりするので いっぱい咲いて欲しいな~
名古屋に来て この花を見ると
出きるだけ薄いTシャツを着る 麻系の服を着る 
そういう目安にしてます。
Commented by yamamotoyk at 2013-08-09 23:10
bananamamaさんありがとうございます。
なるほど、そういえば、百日紅は真夏に咲きますね。
涼しい服装の目安というわけですね。
<< 紺縮み完成 対丈の白麻絣 >>