徳川慶勝展@徳川美術館

貴重な晴れの日です。
午前中、洗濯機を2回回し、例の藍型風舟帯を洗い、
午後、徳川美術館に行くことにしました。
徳川美術館は家からほどほどの距離なのですが、
公共交通機関が不便で、さらに駐車場が少ないので、
車は遠慮して、いつも自転車で出かけます。
歩きでは30分以上掛かるのでさすがに却下。

自転車袴(ハーレムパンツですが・・・)と黒のツバ広帽で、
(画像無し)
さわやかです~!自転車にはぴったりの季節ですね。
真夏には蒸し暑すぎたこの帽子もちょうど良い季候。
刺すような日光はしっかりカット。
c0021551_198493.jpg

どうです、この抜けるような青空☆

さて、今日の徳川園は・・・・
c0021551_1994499.jpg

徳川慶勝さんです。
八重の桜で会津の殿様だった松平容保の一番上のお兄さん。
尾張徳川家では、江戸時代最後のお殿様です。

幕末のお話にはあまり出てこないので
全然知りませんでしたが、
実はアノ混乱期の事態収拾にいろいろ功績があったらしい。
ケド、余りにややこしいくて、歴女でない私は・・・ま、いいか。
また、当時研究段階だった写真撮影にも興味をもち、
色々研究をかさね、たくさんの写真を残しています。
だから今回は美術品と言うより、資料的なものが多い展示でした。
写真もたくさんあったのですが、
何せ撮るのに時間が掛かる当時の写真機、
ほとんどが建物で、人物は肖像画的記念写真ばかりですね。

さて、美術館に入った時間は午後1時半、
ちょうど、無料の説明ガイドツアー開始の時間だったので
常設展示だけですが、1時間余りの説明を聞くことができました。
ラッキー。一度は聞くといいですね。
太刀(たち)と刀(かたな)の決定的な違いを覚えました ('-^*)/

さあこれからは色々な行事が目白押し。
どこまで参加できるか不明ですが、
今日ひとつ消化できてよかったです。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-09-06 19:34 | 着物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2013-09-07 18:53 x
久しく内覧してないです~
「八重の桜」見てない、野球優先なんで。
天気が安定したら行ってみたいな~
Commented by yamamotoyk at 2013-09-07 19:25
bananamamaさんありがとうございます。
お月見の会があって並ぶとお月見団子が無料で頂けます。
秋には庭園がステキです。
<< 自転車でお出かけ着物 仕立ての本とうそつき襦袢 >>