秋だけど暑い日の着物

このところかなり涼しい日が多くなり、
気分はかなり秋。
でも晴れると暑いし今日はなんだか特に蒸し暑い。
(天気予報では名古屋だけが前日より気温が上がって31℃らしい)

というわけで、見た目は秋っぽい色で・・・・
c0021551_1839311.jpg

そのじつ・・・・
素材は小千谷縮。涼しいです。
蛇篭(竹で編んだ籠に石を入れて水の流れを制御するもの)に葦(アシ)で、
テーマは水辺なので涼しげと言えば、涼しげ。
だから帯も、侘びしげな水辺にしました。
前帯は水鳥、帯留めは鯉。
c0021551_1845305.jpg

草履も、来たばかりのカレンブロッソ低底タイプ。
c0021551_18461827.jpg

あら、色が着物の青い柄と合っていますね。いいじゃん☆
冬っぽい色合いでこれからの季節、使えそうです。

草履を選ぶとき、学習したことがあります。
草履だけ見ていると、台の上に鼻緒が直接乗っているので、
そのカラーコーデで選んでしまうのですが、
実際はそこに足袋が来るので
履いたとき、色がとても違った感じになるのです。

私は普段用には草木染めの足袋を穿くので
白より暗い色になります(黄~茶色が多い)
鼻緒を薄い色のものにすると
足袋より鼻緒が白っぽくなり、とても変なのです。
時には鼻緒が見えないこともあります。
だから、薄い色の鼻緒のものは選ばないようになりました。

台は今回の草履のように
足袋を穿くと少ししか見えませんが
暗い色では案外締まって見えて、雰囲気を引き締めますし、
白っぽい台は足袋と一緒になって明るい感じになります。
台の素材(表面)は、ざらざらしているとカジュアルっぽく見えるし
なめらかな素材は上品~礼装っぽく感じますが、
周りから見るとどれくらいわかるものでしょうか。
ちょっと気になります。
いずれにしても、足元を見る、という表現があると言うことは
履き物に注目すると、かなりのことがわかってしまう、はずなので、
気が抜けませんね。と言いつつ、
これから冬になると防寒に雨用ウレタン草履ばかり履くようになるのですが・・・
はい、雨が降らなくてもです。爪先にカバーがあるだけでとても暖かなんです。
ま、ウールにはお似合いかも・・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2013-09-11 19:01 | 着物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2013-09-12 18:38 x
今日は暑くてオフィスから一歩もでなかった。
まだまだ暑いですよね~
単衣なんて無理><当分、菊柄の浴衣で押し切ります、、、
Commented by yamamotoyk at 2013-09-12 22:41
bananamamaさんありがとうございます。
空気が南か北かで温度も湿度も変わりますね。
空気をしっかり読んで (^^;) 着る物の選択が大切ですね。
<< 保存食の工夫(トウモロコシ) 食べ物工夫3題(じまめ豆腐・な... >>