結び方逆にすれば本格角出し(予告)

今日、帯の長さを試すために結んでいてふと気づきました。
昨日アップした銀座結び、手とタレの結び方を逆にしたら、
ぢつは引き抜き結びと裏表関係にあることが判明。
ぢつに面白いことがわかりました。

もう一度、アップしなおす予定です。
乞うご期待。

コレでちょっとわかりづらかった本格角出しが
とってもわかりやすくなります。
引き抜き風でなくて同じことができます。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-09-19 23:05 | 着物 | Comments(2)
Commented by uzuztama at 2013-09-20 17:08
期待しています~
私はうろ覚えで結んでいたので、いつもと同じように垂れが上に出るように結んでいたので、お太鼓がぺらぺらになってしまっていたことに今になって気がつきました。
垂れを下に抜いていたら、もたれても多少は大丈夫だったかもしれません・・・
Commented by yamamotoyk at 2013-09-20 19:19
uzuzさん、ありがとうございます。
uzuzさんの方法は正しいと思います。
普通は、タレが上になるように結ぶと思います。
お太鼓がぺらぺらなのはもう一度結んでないからです。
でも、今はそれが一般的なんですけどね。
見た目がすっきりして美しいからだと思います。
帯も傷みませんからね。
<< 中秋の名月 名月の着物 >>