開き姉様返し結び、引き抜きで

半幅帯で、開き姉様返し結びです。
引き抜き結びで結んでみました。

手を短めに持って、胴に2回帯を巻いたら手を上にして一結び。
長いタレを半分に折って結ぶと細くて結びやすいです。
c0021551_18504998.jpg

このとき、下になっている長いタレを手の上から下に通します。
c0021551_18515288.jpg

通している途中で引き抜いているタレが手と同じくらいまで抜いてきたら、
そこで引き抜くのを止めます。これが引き抜き結び。
途中で止めるのになぜか引き抜き結びと言います。
長いタレが邪魔になるので肩に預けておきましょう。
ここで一度しっかり結びましょう。
c0021551_1854286.jpg

止めたところで、もう一度手とタレを結びます。
ぎゅ~っと締めて、左右の羽をきれいに広げます。
c0021551_18562384.jpg

タレを全部引き抜いて結んだときとの違いは
タレの結び目に二枚の帯が重なっていることです。
実は既に一回巻き付けたのと同じことになっているのです。
しっかりと巻き付いているので、
上に掛かっている一枚を緩めます。
引っ張る場所と方向に注意。二枚重なっている結び目です。
蝶の羽が抜けてこない方向に弾いて緩めます。
(蝶の羽が引っ張られたら、おっとっと・・・羽を引っ張って戻しましょう)
正しいのは引っ張ると肩に預けたタレが引っ張られてくる方向です。
c0021551_1905298.jpg

鏡を見ながら程良く引いたら、
次は肩に預けてあったタレをおろして、羽の下から上に通します。
c0021551_1924388.jpg

蝶のはねと、二枚の巻き付けたお太鼓と、上から覗いた小さなタレを
うまく形作りましょう。
蝶の羽が大きすぎるとお太鼓が小さくなるし、
帯の長さによってもバランスが変化するので色々試してみてください。

形を整えるためにお太鼓の上辺に帯揚げをあて、
後ろで仮結び。
c0021551_1975053.jpg

羽の下に帯締めもします。同様に後ろで仮結び。
c0021551_1993261.jpg

帯の左下をしっかり持って右回りにぐいっと回して、
帯揚げ、帯締めをしっかり締めます。
うしろの帯を一度担ぐような気持ちで上に持ち上げ、
前はぐいっと下に押し下げると、おなかが楽になります。
回したときに着物が乱れるので鏡を見て整えてください。
後ろのお端折りも見えるのでこちらも忘れず整えてください。
c0021551_18434535.jpg

はい完成!
やや厚めで、しかも柔らかい帯が結びやすいです。
扱いに困っていた古くて長~い半幅帯があったら、よさそうです。

帯の長さによっては、2回まわせないこともあります。
そんな時は、1回まわしでタレを長く垂らすのもいいですね。
まわしたお太鼓もまっすぐにしたり斜めにしたり、
蝶の羽を大きくしたり、小さくしたり、タレの長さを調節したり、
帯の長さに合わせて楽しんでください。
[PR]
by yamamotoyk | 2013-10-23 19:31 | 着物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2013-10-25 17:59 x
お疲れ様です。文庫帯は軽いので楽ですね
また試してみます^^
Commented by yamamotoyk at 2013-10-25 18:27
bananamamaさんありがとうございます。
軽いのは楽ですね。
でもこの半幅帯はしっかりした生地で、
後ろもボリュームがあるので、
普通の名古屋帯くらいの感じですね。
普通の半幅帯のような薄い帯を使えば、
軽い感じになるかもしれませんね。
<< また雨の水曜日に着物 イチョウの孔雀 >>