ふゆ~  いえ、まだまだ

さて、先週に締めた帯の裏側を締めるべく、着物を選んでありました。

それにしても先週の初羽織から、まだ一週間。
なのに・・・もう冬ですよ・・・・北の国からは雪の便りが届いています。
12月のころの気候とか?
だったら、初羽織の次の週は初コートですか?
いやいや、まだ羽織で頑張ります。
でも、一段と厚手の絞りの羽織です。(クリック)
柄も山の初積雪。タイムリーですな~   (自画自賛)
c0021551_17473021.jpg
黒の色紙柄の帯はもちろんお召しコートから作ったのですが、
飛び飛びにしか柄が無く、
引き抜きで締めるとタレとお太鼓の下の方にしか柄が来ない・・・・(T_T)
なので、今日はあまりに寂しいので、普通の結び方で締めました。

あら、いいじゃない?なかなか粋な感じにまとまりました。
色紙の色も前も後ろも臙脂色が来て着物と良くあった色です。
柔らかい帯なのでお太鼓の山が綺麗に決まってますね。

ただ裏が漆糸の総柄なので回すときに滑らないこと甚だしい・・・・・
コレは帯板を背中にして帯板ごと回した方がよさそうです。
帯板は通年夏用のメッシュを使っていて、滑りが悪いので、
いつもは、帯板はそのままで帯だけ回すのですけどね。

さて、平安貴族半襟、着てみました。
別立ての項目にしたので見てください。こちらです(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-13 17:55 | 着物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2013-11-15 18:30 x
絞りの羽織の季節なんですね~
まだアンダー類は夏物放置のまま><
着物はごまかしながらの冬支度になりそうです。
Commented by yamamotoyk at 2013-11-15 20:39
bananamamaさんありがとうございます。
昨今は建物内が暖かく、外が寒いという状態なので
西洋風に、部屋の中では年中同じ、
外に出るときに厚いコートを着るというように
着物ライフも住宅事情に合わせて変わるべきですね。
だから、夏アンダーでもしばらくは大丈夫でしょう。
羽織物を真剣に考えた方が良さそうです。
<< 平安貴族半襟試着 白内障手術@ばあちゃん >>