ジェノベーゼ・ペーストを使って香味焼

先日、ぶりカマの香味焼を作りました。
なかなか巧くいったので、今回は鶏と豚で作ってみました。

まず香味焼の衣を作ります。
c0021551_22042200.jpg
ジェノベーゼペーストが凍らせてあるので、テキトー量を解凍します。
そこにパン粉をテキトー量加え、混ぜます。

程良く混ざったら、
サラダ油(またはオリーブ油)をテキトー量入れてよく混ぜます。
油の代わりにマヨネーズもいいかもしれませんね。
c0021551_22085806.jpg
やや味が薄いと思うので何か足します。
今日はクレージーソルトを足しました。

好みによりソース、しょうゆ、ケチャップ、マヨネーズなどで
味付けするのもいいでしょう。

よく混ざったら、
c0021551_22133301.jpg
一口大に切ったお肉や魚にまぶします。
オーブンペーパーを敷いたところに乗せていきます。
あまった衣も上に乗せておきます。

今回は余熱無しのオーブンで230℃13分焼きましたが、
アルミホイルに包んで魚用グリルでも焼けるかな?
c0021551_22203847.jpg
こんな感じ。
ちょっと味にパンチがなかったので
カラシを付けたら、とっても美味しかったです。

オーブン料理は完成まで手の掛からない時間があるので、
その間に別のことができていいですね。
今日のNHK スゴ技Qは魚グリルの利用法でした。 
オーブンや 魚グリルがうまく使えると便利ですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-11-26 22:42 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2013-11-27 17:02 x
あらっ★この間のカップですね~
こうして使うと重宝しそうですね。
スペース取らずに調理できそう^^
Commented by yamamotoyk at 2013-11-27 18:18
今まではもう少し浅い小鉢(大)を使ったりしていましたが、
深さがあるコレは便利です。
おまけに取っ手とすり鉢状の浅い溝もあって、
すり鉢の溝は大変浅いので
じゃまにならず却って便利です。
<< むなしい長唄作業 また、わらじとスヌード >>