再び torta di mele イタリア風リンゴケーキ

再度 U-tube で見た torta di mele に、挑戦してみました。

材料:卵3個、砂糖150g、バター(溶かして)60g、
小麦粉300g、ベーキングパウダー大さじ1、リンゴ2~3個(?)
オーブン:180℃40分

動画によると、容器に卵3個を割り入れて、電動泡立て器でかき混ぜ、
次々と砂糖、バター、小麦粉、ベーキングパウダーを入れて
生地ができたところにリンゴを切り入れて、
丸い焼き型に生地を入れ、上に薄切りリンゴをきれいに並べ、
砂糖(多分グラニュー糖)をリンゴの上にぱらぱらと降りかけ、
18℃のオーブンに40分入れると完成。

という至極単純な物。
リンゴの皮を見事に剥いて、切り入れる様はほれぼれしますが、
(料理を作っているイタリア人って本当にステキ☆)
とりあえず、私はもたもたとしかリンゴの処理はできませんが・・・・

手順は真似して、完成!
焼き型は古くなった26cmのフライパンの取っ手をはずして利用。
c0021551_22515302.jpg
ワオ~、スゴイ迫力です。お皿に出してみました。
粗熱を取ってから・・・でも待ちきれなくて・・・・
c0021551_22524114.jpg
切ってみました。
あ、案外うまく切れますね。
わぁ、フワフワケーキですよ。よく膨らんでます。
さすがふくらし粉です。いつものパウンドケーキとは全然雰囲気が違います。
バターの量も全然違いますけどね。
リンゴがしっかり下に沈んでます。
ちょっと中に入れるリンゴが少なかったかな。
今日は上に乗せる分と中に入れたのと全部で大1個しか使いませんでしたから。
こんなに膨れるなら、中くらいのリンゴ2個でもいいですね。(小3個でも)

中のリンゴに小麦粉をまぶしてから入れれば、
もっと均等に中に浮かんでいたかも。次回挑戦。

で、お味は?
イタリアのレシピにしては甘さ控えめ。上品で、素朴な味です。
どうも、お手本はバニラ味のふくらし粉を使っているようですが
私は何もスパイスは入れませんでした。
まだ、熱いうちに試食したので、食感はよくわかりませんが、
明日冷めてから、もう一度、食べてみます。

[PR]
by yamamotoyk | 2013-12-08 23:11 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2013-12-12 17:41 x
美味しそうです、前回より良い感じ。
諦めずに試行錯誤は必要ですね~
Commented by yamamotoyk at 2013-12-12 18:15
bananamamaさん、ありがとうございます。
見た目はなかなか立派にできましたが、
リンゴが少なすぎで、コレはダメですね。
<< torta di mele リ... りのりのさん展示会 >>