雨のお稽古始め

今日は、長唄のお稽古始め。
しかもどしょっぱつから大先生。(前お家元)
と言うことはお付きの先生がいらっしゃるってことで・・・・
お正月だし、絹の垂れ物で決めようかと・・・
ならば、ずっと以前、そのお付きの先生から頂いたお下がりを、
と思っていたら・・・雨 (>_<)
3月のお雛祭りの時にしましょう・・・・(諦めが早い)

ここだけのナイショの話:大先生は嵐を呼ぶ女と言われるほどの雨女だそうで、
今日の生徒にはサイキョーの晴れ女さんがいたのですが・・・敢えなく負け(^_^;)
ま、でも、嵐にはならなかった言うことで、晴れ女さんに感謝ですね m(_ _)m

と言うわけで、急遽考えたのが雨でも気にしないウール系。

お正月シルクウールのコレに決定(コレしかないので、簡単です)
鶴松(しょうざん)ウールです。
c0021551_19310766.jpg
で、帯をせめて・・・と言うことであれこれ考え、
ちょうど去年のお正月にコメ○お正月セールで買ったコレ。
三千院帯です。
なんで五重塔で三千院? だって、そう書いてあるんですもん。
c0021551_21310415.jpg
あ、でも、メインの柄は三千院らしいですね。
c0021551_21314154.jpg
それにしても箔がするする滑るので締めにくいことこの上なし。
多分それで安かったんだろうと勝手に勘ぐっていますが、
そういう裏事情が無ければ高そうに見えるしゃれ袋帯です。

もちろん帯は正絹ですが、マントを羽織るので雨の心配は要りません。
足元は透明カバー付きの雨草履です。

誰もがお正月休みで練習不足のところ、
お弾き初めの練習ですが、頑張りましたよね、失敗しながらも(^_^;)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-01-08 19:39 | 着物 | Comments(0)
<< まめぶ汁、せんべい汁、紅大豆 鼻緒描き足し >>