三味線胴袋ぼたん花

このところ仕事もなくて出かける行事もない日が続いたので、
手つかずでしまい込んであった物が色々形になりました。
まずは端布で、作るばっかりに裁断してあった三味線の胴袋
c0021551_18102945.jpg
胴袋を作る時、柄の下になった部分が輪になっていると
大変ありがたいのですが、
コレは絵の上が輪になっていました。

こちらが裏。
c0021551_18121640.jpg
裏とはいえちゃんと梅の枝が下から上に向かっているので
逆さまにすると絵がイマイチです。

裏も表も上になった方がつながっていたと言うことは、
コレは袖だったの?
それとも肩の部分?

いずれにしても着物の柄付けは、
小紋以外は同じ方向を向いているか、
絵の上同士がつながっていますものね。
反物から好き勝手に裁断したならそうでもないですけど、
たいていは着物をほどいたか、仮絵羽状態をほどいたか、
仕立てるために裁断だけしてあったものか、
はぎれ状態でお店に並んでいる物はそんなところですものね。

そんなわけで、上を切り離して下を縫い合わせて
例の不思議な方法で(クリック)胴袋を作りました。
たまに作らないと忘れてしまいそうです。

三味線を入れてみました。
c0021551_18214233.jpg
そのうち、長袋を同じような方法で作ろうと思っているのですが、
なかなか行き着きません。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-02-17 18:25 | 三味線 | Comments(0)
<< しゅしゅとスヌード お雛様登場 >>