袋帯化の半幅帯とリバーシブル着物

北斎展に行くなら、やっぱり江戸時代風ですよね。
頑張って着物着て入場料を200円ばかり節約しようと・・・
c0021551_19192036.jpg
しゃれ袋帯を角出しにむすんで、目立たないつもりの帯締めにして。
細い縞の着物は実はリバーシブル。
裏はこんなクリーム色の派手小紋。(かなり拡大してます)
c0021551_20082748.jpg


絹物を着て遊びに行くのも気が引けたのですが、
ポリの万筋は縞が細すぎて粋さに欠けるし・・・(^^;)

というわけで、江戸時代風の気分で行ってきました。

ぢつはこの帯、改造半幅帯の二本目。
やはり同じ頃、名古屋帯にしようと値段が安かったステキな浴衣帯を買いました。
同じおばちゃんから買ったのですが、この帯もまたおばちゃん制作のものでした。

今回は柔らかい帯で、付け帯は難しそうだったので、
全部開いて織りの喪服帯の反物と縫い合わせることにしました。
しっかりした生地なので帯芯は無しです。
二本の反物は長さがほぼ同じで、イイ感じでした。
本当のところは最初はやり方がわからなかったので、
持っていた別の名古屋帯にチクチクと縫い付けたのでしたが、
何年も経ってからこのやり方で改造したのでした。

なごや帯の反物はお太鼓部分の引き返し(裏)が、反物に含まれるので
実質は名古屋帯より長く、袋帯分くらいの長さがあります。
というわけで、しゃれ袋帯ができちゃいました。
c0021551_19125674.jpg
引き抜きで結ぶと垂れに黒い帯地がでて、
角出しにすると江戸時代風な感じになります。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-03-14 19:31 | 着物 | Comments(2)
Commented by 天鼓 at 2014-03-15 18:59 x
半幅も結構長かったんですね。
普通の半幅の長さだと、共黒帯なら引き返し部分が余って京袋帯ができたのかな?と思ったんですが。
どっちが使い勝手いいかちょっと分かりませんが、よく考えると古い昼夜帯は4mくらいありますので、引き抜きで結んだりするには使いやすい長さなのかもしれませんね。
自分でしないので、分からないんですが。
Commented by yamamotoyk at 2014-03-15 20:07
天鼓さんありがとうございます。
この半幅帯は呉服屋さん(卸兼小売り店)のおばちゃんの仕立て。
だから、長かったんですね。
途中でつないであったんですけど(だから尚安かった)・・・
私は引き抜きで角出しを結ぶので3.8mが一番いいんです。
買った時はそんなことわからず、ただもてあましていました。
<< 北斎展@名古屋ボストン美術館 名古屋帯化 >>