北斎展@名古屋ボストン美術館

名古屋ボストン美術館で北斎展をやっていますが、
もう北斎は見飽きた感があったし、
このところ気ぜわしいというか、忙しいというか、考えることが多すぎというか、
そんなこんなで、行く気は全くなかったんですが、
ちょっと一段落したので博物館の大浮世絵展に行こうかという気になったところで、
録画してあった日曜美術館の展覧会シリーズで北斎展を見て、
ふと、行く気になり、まだあと2週間あると言うことで、
行ってきました。
c0021551_20194603.jpg
ふむふむ、さすが画歴70年と言うことで、初期の作品から最後まで進化していますね。
展示数も多いのに、皆さん最初からまじめに行列してご覧になっている。
コレに付き合うと、一番良いところに来た頃には疲れちゃうんですよね。
ささ~っと歩いて行くと、
やはり一番良いところはすきすき。
皆さんお疲れでビデオコーナーで休憩中。
北斎といえば・・・という絵はちゃんとあって、意外に小さいんですね。

今回の私の目的はから刷り(というらしいんですね)を見ること。
コレは、普通に見ると白(無色)に見えるのですが、
間近で見ると凹凸があるもの。
つまり絵の具は付けないでバレンで強く摺ることによって
筋を付ける版画の技法ですね。
うふふ、こういうのは実物見ないと実感できませんからね☆

一番最後の部屋のはなかなか凝った絵があります。
色の付いた箇所にも凹凸があったりしています。

最後まで見たら、最初に戻って見られなかった絵を一応見ていきます。
うん、やっぱ、へただよね、最初のは・・・とか言ってみたりして(^^;)

私もくたびれました。
ビデオコーナーで休憩。ちょっと居眠りしたりして・・・・
浮世絵時代の日本髪を結う結髪のビデオもあります。
いつかうちのお嫁ちゃんの長い髪で結ってみたいですね・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-03-15 20:41 | 外出 | Comments(0)
<< 乙女椿の歳時記 袋帯化の半幅帯とリバーシブル着物 >>