タケノコたくさん

昨日は長男一家と次男親子が来て(奥さん産休中)
久しぶりの大人数の食事で、ちょっと大忙し。
ヨモギの芽が伸びてきたのでヨモギ・フェトチーネのミートソース、
イタリアンカラーのご馳走でしたが・・・・・
写真を撮る暇がなかったので(^_^;) そのうちまたリベンジかな?

で、次男のお土産タケノコたくさん。
お嫁ちゃんの実家が借りている畑にタケノコが出るので(裏が竹林)
頂いたというわけ。感謝m(_ _)m (^_^)v

市販品的サイズが七本!わお~

昨夜、皆が帰ったあと、仕込みました、つまり茹でたってこと。

先っちょを切り落として、皮にタテに切れ目を入れ、
寸胴鍋とほうろうの大鍋(と言っても寸胴鍋より遙かに小さい)を動員して、
なんとか鍋に押し込みました。
いえね、先の切り方が少ないと鍋に入らないので、
斜めに切って、反対からも斜めに切って、それでやっとこさ。

沸騰してから約1時間弱ほとほと。終わったら蓋をして冷ましますが、
朝になっても寸胴鍋の方はまだ暖かかったので昼過ぎまで放置。
c0021551_18345395.jpg
生のタケノコを茹でる醍醐味はやはり、姫皮ですよね。
穂先の姫皮もさることながら、
剥いてしまう皮も下の方は柔らかいので細く切りとります。
なんか、得した気分☆
玄関先の山椒の芽もまだ柔らかいので、今夜また姫皮の酢味噌和え、山椒風味☆
とてもたくさんあったので一部は本体の土佐煮に一緒に入れちゃいます。

姫皮を切り分けたら、本体も適当に切って瓶に入れます。
時々水を替えれば、冷蔵庫で保つので冷蔵庫に入るサイズの瓶に入れます。
たくさんできたので長男一家と山分けにしますが、
一部はお正月用にちゃんとした瓶詰めにしました。大瓶2本と小瓶1本
c0021551_18350694.jpg
大瓶に特にキレイなところだけ詰めて口まで水をいっぱいに入れ、軽く蓋をして、
大鍋に水を張って煮ます。
小瓶はしっかり蓋をして水没させます。
沸騰してから、さらに20分、蓋をしっかり閉めて逆立ちにします。
逆立ちのままさらに10分沸騰続けます。

念のため3本作りましたが、お正月には1本で十分なので、
他の2本は途中で使っちゃうと思います。
うまく、できていると良いのですが、
昨年は保存途中から濁ってきて、途中で使っちゃいました。
お正月まで何ともなかった瓶もありました。
なので、今年も様子を見ながら、保存していこうと思います。
このように常温保存できると便利です。

別にパックのタケノコでイイって?まあね。中国産の・・・・
でも、タケノコの香りとか、ちょっとえぐみのある味とか、
春の命を頂く感じがいいじゃないですか!

要するにやってみたいんですってば・・・・
サバイバルゲームのスキルアップとも言えますね。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-04-14 19:02 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by at 2014-04-14 22:08 x
最近居酒屋さんで、姫皮の唐揚げをいただいたんですよ。クレージーソルト?みたいな感じの下味と片栗粉でぱりぱりになってて、姫皮のえぐみもいい感じに残ってて美味しかったです。
 あしたやってみるんだー。
Commented by yamamotoyk at 2014-04-14 23:39
葉さんありがとうございます。
おぉ~、それはおいしそうです!
姫皮チップスって感じですね。いいですね☆
味をいろいろ工夫するとまた、楽しそう~
<< フジ開花☆ 新人さん歓迎会 >>