フジ帯

今日は月一のNPO長唄講習会の日。
で、その後は長唄友音会をちらっと・・・覗く予定。

爽やかな初夏の日。
今日はもう寒いということもないでしょう。
その代わり炎天下をしばらく歩くので、傘か帽子が必要ですね。

というわけで、藤の花がまだ咲いているうちに、もう一度。
c0021551_21030736.jpg
そして、今こそ、活躍のサマーウール。
一番サマーウールの合う季節ですね。

このサマーウールはちりちりとしたしぼのある荒い織りで、
涼しいのに透けないので、この時期重宝です。

この帯はレーヨン縮緬風呂敷を単衣帯に切り貼りした物で、
講習会でご一緒の方にちょっと自慢したかった・・・
・・・ってのもあったりして(^_^;)

でもって、誰にも言わなかったけど、
黒いツバあり帽子を被っていきました。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-04-27 21:54 | 着物 | Comments(2)
Commented by kumitan2011 at 2014-04-28 22:41
藤の帯、素敵ですね♪
帽子で着物もオシャレと思いますが、今年も晴雨兼用日傘(カーテンのようなレース)を買ってしまいました(笑)

私も昨年秋のセールでサマーウールを手に入れましたが、萩の柄なんです・・・8月に入ってからしか、無理そう^_^;
この時期は単衣でも透けないと言うのが、大前提ですね。

もう正絹の袷では汗になるので、しばらくはポリか木綿で過ごそうと思います(^・^)
Commented by yamamotoyk at 2014-04-29 23:17
kumitanさんありがとうございます。
日射しが暖かいけど、まぶしいこの時期は帽子、
日射しが刺すように暑くなると熱線遮断日傘、
というのが最近の私の日射し対策になってきました。
でも、レースの日傘、ステキですね。

快適に過ごすためには寒い地方では涼しげに見えてぢつは暖か。
名古屋では暖かそうに見えてぢつは涼しいというのが、必要ですね。

萩のサマーウール、秋のお楽しみですね☆
<< 長唄の午後 枝(えだ)と格闘 >>