用尺不足の会津木綿

さて、用尺不足の会津木綿、
なんとか不足分の布を調達できないか、
大塚屋に行ってみたり、色々考えたのですが、
現代物の布地と着物用の木綿地では風合いに相当隔たりがあり、
仕上がりに不安が残ります。

やはり、以前に買った縞木綿の端布を使おうかと、
一応、洗って、干して、アイロンを掛けたのですが、
古い木綿地で綿埃のような糸がフワフワと出てきます。
それに水に浸けた途端かなりの色が出てきます(-_-)
色柄はかなり似ていて目立たないんですけどね・・・・
だから着物に仕上がった時にかなり後悔しそう・・・・(-_-)

で、(多分)一緒に買った濃いえんじ色の会津木綿を使うことに決心。
やや薄手で、綿紬のようなネップがありますが、
現代物なのでさすが色は出ないし、扱いやすそう。
何より、色々色合わせを考えて買った物なので、ま、合うかな、って。
でもできれば、黒っぽい、藍色とかにすれば良かった・・・
ツバキ庵のマミ先生(あえて先生と呼ばせてください)の所で
ステキな片身替わりの会津木綿着物を見て(クリック)
しまった真似すれば良かったと思ったのは、あとのまつり・・・・(>_<)

ま、そんなこんなで当初色合わせをして買ったのは
もちろん見えるところに持ってくるはずだった別布を、
見えないところに持っていくことにしたので・・・・
c0021551_18534838.jpg
下前のおくみと襟先。
どうだ、ここなら見えないだろう・・・
と思ったのもつかの間、
剣先は、チラ見えするんですねぇ~(>_<)
もう片方のおくみのゆとり部分を切り取って・・・・
c0021551_18535540.jpg
剣先に少しだけ布継ぎをしましたよ。
でも、あまりに少しなのでえんじ木綿が見えちゃうかも・・・

最初は掛け襟で隠れる部分の襟も継ごうと思ったのですが、
意外に厚手の木綿で
なんちゃってつまみ掛け襟でも充分しっかりしそうなので、
とりあえず、そこは無し。
ただ今、印に合わせて安全ピンで留めて、
今日は襟付けを縫うつもりですが、時間あるかな?
安全ピンが不足なので、買ってきましたが・・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-06-12 19:05 | 和装製作 | Comments(0)
<< 干しタケノコ ポリ楊柳 >>