シマウマこさん

雨の予報で気温も低めとのこと。
まだ降っていなかったので、こんな時こそ、薄いシルクウール、
と思って準備していたのですが、本格的に降って来ちゃったので
くじけて・・・・
浴衣着物にしました。
c0021551_19125803.jpg
ちょっとハレーション気味でモアレ模様に見えますが
変形よろけ縞男物の浴衣地で仕立ててもらった着物です。
ずいぶん前になるので何度も洗ったからでしょうか?
ずいぶん丈が短くなってお端折りが見えるか見えないか・・・です。
この縞をいつもシマウマに見立てて
シマウマこさんと呼んで
ヒョウ柄の帯に合わせて着ています。
ただこのヒョウ柄帯はぢつは人に作ってあげた布地の残りで作ったので
長さ不足で胴に二巻きすると
お太鼓が短くてちゃんとしたお太鼓も
角出しもちと辛い状態なので
胴に一巻きは安定が悪く却下なので

c0021551_19214686.jpg
ひっかけむすび(クリック)
つまり、テがちょっとしかないので、
落ちてこないようにちょっと引っかけて(テの根元にくぐらせて)あるだけ。
お太鼓の右上に羽のように見えるのがそのテです。
帯締めはお太鼓がぶらぶらしないようにと
格好付けだけに締めています。
お太鼓も中身がないので
すぐぺたんこになっちゃいました。(^_^;)
半幅並みの軽さです。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-06-18 19:28 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2014-06-19 22:25
モアレ!なんてかっこいい、と思ったら縦縞でしたか。
それも粋ですね。
しまうまこさんに豹の帯、軽々と楽しそうな姿です。
Commented by yamamotoyk at 2014-06-19 23:23
すばるさん、ありがとうございます。
太かったり細かったりよろけていたり、揺れたような縞です。
だからシマウマみたいというわけです。
もっと遊びたい時はお馬さんの帯留めをつけて、
象さんの帯飾りや他の動物も動員して、
見ている人を楽しませます。
暇つぶしのおしゃべりにはぴったりのお遊び着物ですね。
<< 梅仕事第三弾 ウールのお洗濯後始末 >>