会津木綿初おろし

今日は「伝統の音と舞」実行委員会の長唄講習会@津賀田中学校です。

朝は雨でしたが・・・まだ降ってる?もう止んだ?
結構涼しいですよね・・・・
何を着ますか?雨だからポリの楊柳?
あぁ~、例のできたばかりの会津木綿はどうでしょうか。(クリック)
この涼しさならまだ大丈夫でしょうし、
土砂降りでなければ、色が出て困ることもないでしょう。
c0021551_21282116.jpg
画像を小さくするとどうしても縞模様が変になってしまいますが・・・
剣先の部分は?
c0021551_21351094.jpg
大丈夫、襟に隠れて見えませんね。
雨のために短めに着付けたので、
お端折りも程良くでました。
でも、浴衣のように、何度も洗うと縮むかしら・・・・(^_^;)
わかりませんが、
もともとお端折りが出なくても・・・と思っていたので、
上出来です。

さて、気候的には、なかなか快適でした。
少々肌寒い風が吹きますが、大丈夫。
かと思うと、湿度が高いので時には蒸し暑く感じますが、
木綿は不快感が少ないのがイイですね。
汗をかいても吸ってくれる感じです。
もちろん中は麻の長襦袢ですしね。

しっかりした木綿で、あまりシワも目立たなくて、
イイ買い物でしたね。
って、もう詳細はすっかり忘れてしまってますが・・・・
本当に会津木綿だったのか、
どんなふうにお値打ちだったのか、
本当に古い物だったのか・・・
ブログを始める前だったのでしょうか
記録が残ってないんですね、残念。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-06-22 22:13 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2014-06-23 21:09
いいですねー、会津木綿。帯もよくお似合いです。私も木綿のきもの(久留米絣)一枚あって、まだきていないんですよ。今年は何とか・・・
帯が赤っぽかったら変かしら。印度木綿の更紗で作ってあるのです(これも未使用)。こうしてみると、私のきものってペーパードライバーと同じ。
Commented by yamamotoyk at 2014-06-23 22:16
すばるさん、ありがとうございます。
初めての正しい木綿の着物って感じがします。

すばるさんも是非、久留米絣とインド綿更紗の帯で、
お出かけください♪~
お祭りに浴衣の代わりというのはいかがですか?
<< ペンキ塗りと帯の改良 寒かったシルクウール >>