「リアル」をめぐる絵画展@愛知県美術館

仕事が終わってから行ってきました。
c0021551_23553426.jpg
愛知県美術館所蔵品の中からの展示です。
見たことのある物も何点かあって
しかもやはりというか、愛知県の作家さんの物も多くて
今話題の写実絵画、という作品は、
それほどありませんでしたけど、
お客さんも少なくて、優雅に芸術的気分を堪能してきました。
う~ん、リアルって何だろう、という感じですが、
写実絵画とか、スーパーリアルとか、ハイパーリアルとか
こだわる人たちにとっては色々違いがあるようなんですが・・・・
やっぱ一度千葉のホキ美術館に行ってみたいものです。

私の興味を惹いた作品が一点あって
それは韓国の作家さんの絵。
たくさんの美しい本のある書斎で
二人の女性が向き合ってにらみ合っている、
嫉妬 jealous
と言う作品
二人の衣装も頭に乗せた篭の中の美しい品々も
そして背景にある書籍の表紙も
全て華々しい花柄。
そして作品の素材から察するに
それらは全て花柄の布?紙?が貼り付けてあるらしい・・・・
よく見てもわからないんですが、かすかに盛り上がっているような気もします。
う~ん、スゴイ仕事だ・・・・それにきれい・・・・

終わってから、他のイベントを探していて発見
c0021551_00105214.jpg
野口哲也の武者分類(むしゃぶるい)
あ~、行きたい・・・・でも、ちょっと京都、山崎まで
というのは、やっぱね、今の私にはね。
近いっちゃぁ~近いんでしょうけど・・・

そこで思い出したのが、UFJ貨幣資料館
そう言えば、今回の展示まだ行ってなかった。
明日はそちらへ行かねば・・・・あは、結局ローカル♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2014-06-26 23:53 | 外出 | Comments(2)
Commented by minnieiko at 2014-06-27 21:38
武者分類は友禅教室で図録を見せていただきました。
ディテールがすごいですよね!!
来月京都へ行くのにここへ寄る時間はないんです。
残念無念 泣
Commented by yamamotoyk at 2014-06-27 22:13
えいこさん、ありがとうございます。
図録を見られましたか!羨☆
細かいところは案外図録の方が楽しめるかも、ですね。
でも、本物をちらっと見てみたい、と思うのですが、
作家さんまだお若いから、これからもきっと見られますよね。
こちとらがくたびれていくのが何とも情けない(>_<)
<< 歳時記の続き シルクウールリベンジ >>