麻喪服水洗い

昨日、麻の喪服を手洗いしました。
c0021551_19310626.jpg
色が出るのを警戒してのことです。
洗面所でおしゃれ洗い用洗剤を使い、そっと押し洗い。
出ましたね~黒い水に続いて紫の色。
白いところに移らないように(移ってもダメージはそれほど無いですけど)
すすぎの水を替え替え、それでも、洗剤の泡が減る頃には多少色が薄くなってきました。
洗濯竿にぱんぱんとシワを取って、干します。
広襟はすぐ乾くので、いいですね。
一緒に洗った長襦袢はバチ襟なのでなかなか襟が乾きませんけど・・・

c0021551_19313855.jpg
今朝、子細に検討
一応寸法を測ってみますが(裄と丈だけ)
特に縮んだ様子は見られません(予想通り)
色が薄くなった様子もありません(^_-)
襟はお裁縫がヘタで最初からややシワっぽいのですが、
ま、こんなものかな、という感じ。
麻縮みの着物なら畳んで、他の着物の下に入れておけば
自然と寝押し状態になるのですが、
これは自然に伸びそうにはないので、
アイロンを掛けました。

畳んで畳紙にいれ、儀式用着物引き出しに(^_^)v収納しました
次回の出動がいつになるか私には不明です。
当分無いかな。ずっと無いかも・・・
今回思い切って着てよかったです。(クリック)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-07-28 19:46 | 着物 | Comments(0)
<< コメ兵で篠笛紗帯 猛暑の庭 >>