高校同期会

年に一度の高校同期会。
折しも台風がらみの雨がぱらぱら。
猛暑は一段落ですが、猛蒸し暑~って感じ?
でも、猛暑でなくなったので、ちょっとシックに決めたくて
c0021551_00132565.jpg
小川のせせらぎに見立てた綿麻小千谷縮に
鮎の笹焼き麻帯です。

アップの写真が撮れなかったので
はごろもさんのブログ頼みです。
アップされたら、頂かねば・・・・

後ろが塩焼きなら、野菜も欲しいので
c0021551_00150834.jpg
前は白菜です。
白菜自体は冬の野菜ですが、
元々は翡翠(これはお土産のプラスチィック箸置きですが)なので、
夏の色・・・ということで・・・・

元々が翡翠?
はい、元になった白菜は
台湾の故宮博物館にある翠玉白菜(クリック)
これはそこで購入したお土産品です。

さて、松坂屋ながもちやさんご出勤のはごろもさんにお会いしてから、
高校の同期会に出かけ、
2次会のスナックに、ぎゅうぎゅう詰めのなか、
カラオケで歌う同期の仲間、盛り上げ隊を自認して、
2時間ずっとアホな踊りを踊っていたという私はいったい何者?
(何度もおネエさんとぶつかったかも)
いえね、腰掛けて世間話するのがつまんないだけ(あらかた1次会で済んだし)
別に興味のない男の子の人生話や職場の話聞いても、ねぇ~
女の子の話はもっとつまんない。
ここへ来てマゴや子供や婆様の愚痴言ったって、ねぇ~
わたし最近耳遠いし・・・(>_<)
だから、歌の巧い仲間が多いので後ろでずっと踊ってる方が
賑やかし隊で楽しいでしょ?(ほとんど扇子振り振りしてるだけでしたけどね)
やぁ、着物って良いですね~!

[PR]
by yamamotoyk | 2014-08-02 23:59 | 着物 | Comments(8)
Commented by kumitan2011 at 2014-08-03 13:19
こちらのうまこさんの着こなしもシックで素敵です♪
濃紺?私も好きな色。。。

“賑やかし隊”ですか~いいですね!
私のそばでも専属で踊って頂きたいくらいです(^.^)
あ、でも、うまこさんに歌が上手いかどうかオーデションして頂かねば(笑)
もし、ご一緒する機会がございましたら、踊りをぜひ(~o~)

ハイ、着物は本当に楽しいです☆
Commented by buribushi at 2014-08-03 13:26
今日もすっきり決まりましたねー。白菜も涼しげな。
こんどうまこさんと一緒にカチャーシー踊りたいな。
Commented by しんのすけ at 2014-08-03 20:38 x
白菜、日本に来てますよね・・・お土産も来るかな?
Commented by yamamotoyk at 2014-08-03 21:51
kumitanさん、ありがとうございます。
いえ、なに、ふっる~い、歌の後ろで扇子ひらひらさせてるだけの、
むちゃくちゃ踊り・・・・
紺は今までちょっとニガテでしたが、
意外に合うな・・と(顔が無いからかも)
kumitanさんの鳴り物で踊りたいかも、
ノリの良い曲お願いします☆
Commented by yamamotoyk at 2014-08-03 21:56
すばるさん、ありがとうございます。
なかなかすっきり決まる着物☆大活躍です♪~
そういえば、カチャーシー、という手がありましたね☆
帰ってから思い出しました。曲が1960年代だったので・・・

本当にご一緒したいです。
次回、名古屋にいらっしゃる時は、
是非うちなー酒場にお供させてください。

それにしても、次の日ぐったりでした(>_<)
Commented by yamamotoyk at 2014-08-03 22:10
しんのすけさん、ありがとうございます。
今、日本に来てるんですね。9月15日まで東京国立博物館。
と言っても白菜の展示はもう終わっちゃったようですが、
お土産はきっと売られていると思います。
結構安っぽいモノですが、
話題性と言うことで・・・
Commented by はごろも at 2014-08-03 23:23 x
うまこさま☆
ちょうど、お会い出来てよかったです。ありがとうございました。
ブログは暫しお待ちくださいませ~。

うまこさん、紺色お似合いでしたよ。苦手だったとは!
Commented by yamamotoyk at 2014-08-04 17:14
はごろもさん、ありがとうございます。
メールのお世話にならずにちゃんと出会えたのは、
奇跡的だったわけですね。お導きというわけ・・・かな
紺、似合ってました?嬉しい~
紺の着物は持ってなかったんですよ、浴衣程度しか・・・
黄、茶、緑が多いので黒の方が好きだったんですね。
また、帯の写真、よろしく~。
良い角度で撮っていただけたから、楽しみです。
<< まとめて帯留めつくり 広重の名所江戸百景 >>