単衣の季節ですね

9月最初のお稽古です。
朝から良いお天気ですが、やや涼しいので、どうしましょうか。
例年なら、とても暑くて単衣なんか考えることすらできない気候ですが、
今年は?
昼間になるとこんな良いお天気なので、結構暑くなるはずなので、
やはり絹物を着る気にはなれませんが、木綿なら・・・・

しかし、昼近くなるとやはり暑いです。
とは言え、室温は28℃。快適ですね~☆

外は暑いかしら?
ちょっと夏久留米を羽織ってみると、暑いような気がしたので、
やはり、今年まだ着ていなかったコレに♪~
透けないし、縮みでもないので単衣に見えます(と思います)。
c0021551_18120132.jpg
以前ヤフオクで落札した現代物の上布(麻)織り柄です。
買えば相当高価ではないかと思うのですが、
ほどほどのお値段で他に競る人もなくあっさり落札。
現代物は人気が無いのか、そこまで安くないからか、私サイズ(小さめ)だからか・・・

いずれにしても私にとってはかなり大切にしたい着物なので
着る機会がないなら無理には着ないつもりでしたが・・・

やはり涼しいですね。
抜いた襟から風が通りちょっと背中がぞくっとしたくらい・・・
やや曇り空になってきましたからね。

ん、曇り空?
これはマズイです。
慌てて洗濯物を取り込み・・・
下駄下駄・・・・と
c0021551_18551570.jpg
早速、鼻緒をすげ替えた下駄を出してみます。

昨日すげ替えたのは色が濃いし、ちょっとお気に入りなので
雨に降られたくはないのですが・・・・う~ん
黒い着物にはどう見ても左の方がステキ。
天気予報は曇りだし、そこまで怪しい雲行きではないので
ステキな方にしましょう。

と言うことで、さっそく初おろしの鼻緒になりました。
着物も鼻緒もぐっと気分アップですね、
今日のお稽古は大先生だし~♪

ところで、下駄の履き方左右で違いますね。
今、気がつきました。
ぢつは2枚歯の下駄(左)は
足の親指と人差し指つまむようにして履くと
歩きやすいのですが、
右近型の下駄(右)はそうでもないのです。

よく下駄は指の奥まで履かないで、指でつまむのがイイ、
と言われますが、格好イイかどうかは別として
しっかり履かないのは、全然歩きやすくはない、と思っていましたが、
2枚歯は、つまんでいる方が歩きやすいようなんです。

多分、歩く時に2枚歯は、かくっと前のめりになるので
下駄を足の指でつまんで、
なるべく、かくっとならないよう下駄をコントロールしないと
現代の舗装された硬い地面では、ちょっと頭に響くというか。
だから、深く履かないで指でつまむように履くと
気分が良いんですね。

一方、髙右近は、
下駄の爪先を足の指で下に押すようにして下駄を前に倒して
蹴るように力を入れて歩くので
鼻緒で下駄をコントロールする必要がない。
むしろ、指先で下駄を下に押しつけているので、
つまんでいては、力が出せない。
つまり靴のようにして歩いているのかな。
普通の(低い)右近はそれすらもできない→引きずるだけ。

なるほど・・・と勝手に納得しましたが、
どうなんでしょうか・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-03 19:11 | 着物 | Comments(4)
Commented by uzuz at 2014-09-04 19:33 x
えぇえぇ確かに、濃い色のほうがかっこいいです。

なるほど、履物の形が違うと力の入り方も違うのでしょうね。
確かに二枚下駄の時はかくんかくんとなります。
でも、私は下駄も草履もおんなじに深く履いています。
浅く履くものと言われても、指が痛くなってしまってどうにもダメなのです。
Commented by yamamotoyk at 2014-09-04 20:40
uzuzさんありがとうございます。
わたしも草履や右近下駄は深く履いています。
この度、なんとか、うまく歩こうと
2枚歯下駄を履いて色んな歩き方を試してみたのです。
だからまだまだどんな歩き方が
歩きやすいのか・・・・研究途上と言えるかもしれませんね。
Commented by buribushi at 2014-09-04 22:48
下駄ばなしが続き、じいーっと見ています。
最近桐の下駄と鼻緒を頂きました。
うちの主人はもと下駄屋の息子です、近年までいろいろ道具も残っていました。
頼めばすげて呉れるかも知れないけど、自分でやってみたいです。赤っぽい鼻緒なので、こちらをみていて、ああ色落ちの問題があるなと気づきました。
亡くなった人で、服を着ていても履き物はいつも下駄、という奥さんがいましたが、緒はいつも赤が入っていましたね。一足下ろすと一足買って置くのだとのことでした。
Commented by yamamotoyk at 2014-09-05 21:53
すばるさん、ありがとうございます。
赤い鼻緒も、濡れさえしなければ、大丈夫。
かわいくて元気が出ますよね。
用心に防水スプレーを掛ければよいかも、
とその後、思いつきました。
自分でいろいろできるということは楽しいことです。
日曜大工の道具でもすげ替えはできるので
ぜひ楽しんでください。
いざとなれば、頼もしい先生が横に控えていらっしゃいますからね。
<< 麻着物洗濯 下駄の鼻緒替えもう一足 >>