暑いけど秋

このところ晴天が続き、朝夕はぐっと涼しいのですが、昼間は暑さが戻っています。
とはいえ、例年のことを思うと全然ですが、
涼しい日が続いていたので、身体が涼しいのに慣れているので、
単衣(絹物)を着る気にはなれませんね。
いえ、薄手木綿すらも着る気にはなれません。

というわけで、やっぱり麻*麻ですが・・・・
さすがに色合いや帯だけは秋っぽく・・・
c0021551_18102491.jpg
白い細縞の黒小千谷縮です。
帯はタイヘンプ帯(クリック)
秋はこのクリック先の青っぽい方より、
裏に縫い付けた、こちらの緑の方が合うような気がします。
帯締め、帯揚げは帯の中の色に合わせ、小豆色。
二部式帯なので、ちょっと緊張します(落っこちないか・・・)
でも、太めのヘンプ(大麻)糸で織られた布は
ざらざらしていて滑らないので、大丈夫でしょう。
胴回りも一重巻ですが、分厚いのとざらざらしているので
比較的安定感と安心感があります。
作り直さなくても、このままでいいか・・・

以前は青っぽい方ばかりしていて
こちらの緑の出番があまりなかったのですが、
最近こちらの方がしっくり来る日が多いのは
ちょっと元気が無くなってきたから?

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-10 18:24 | 着物 | Comments(4)
Commented by uzuz at 2014-09-11 11:58 x
あら素敵、麻の帯を締めておいでですが、すっかり秋の色合いですね。
私も、こちらの深緑のようなお色のほうが好きです。
二部式帯のときは、帯枕台をお使いになると安心できますよ。
あとは単純に折りたたんだタオルを背中に挟むとか?

万筋ポーラー、もう仕上がったのですね。
流石、仕事が早くていらっしゃる。
Commented by yamamotoyk at 2014-09-11 17:37
uzuzさん、ありがとうございます。
このヘンプ(大麻)帯、麻とは言っても大麻なので
ざらざらした感じで、特にこの緑の方は
夏の麻帯、という感じはあまりしないんので、
今年のような中途半端な時には重宝ですね。

この方式の二部式帯は自由度が高く、
ふつうの帯と似た感じなんですが、
いかんせん最近は引き抜き結び(お太鼓も)ばかりで、
現代式のお太鼓結びそのものが不安で・・・
いっそ、お太鼓部分の紐もはずしてしまえば、
二部式であっても、引き抜き結び風に締められるので
そうしようか、考えている所です。
そうすれば、帯締めが緩んでもお太鼓が壊れないかな、って。
Commented by buribushi at 2014-09-11 22:46
当然でしょうけど、だんだん着慣れてこられ、腰のあたりのすっきり度が優って来るのがわかる気がします。帯も似合っています。
万筋ポーラーもう出来上がったんですね。楽しみですねー。
Commented by yamamotoyk at 2014-09-12 18:09
すばるさん、ありがとうございます。
着なれてきていますか・・・ありがとうございます。
写真の撮られ方(ポーズ?)が進歩して、
そのせいでよく見えるのかとも思うのですが、
いずれにしても、写真で見るのと
着た時に鏡で見るのにずいぶん差があって
(写真で見るとアラが目立つ)
あとから見返して、がっかりすることばかりです。
万筋ポーラー、あまり出来がよくなくて、ちょっとめげています。
<< 麻物洗濯 万筋ポーラー完成 >>