秋の食べ物三種

金山の催事で見つけたので・・・
c0021551_21024773.jpg
思わず購入(安かったし・・・)

まずはギンナンの殻を割り
c0021551_21033613.jpg
塩茹でしました。
穴あきオタマでこすりながら薄皮を剥きます。

c0021551_21044962.jpg
まだ、時期が早いからでしょうか?
とてもきれいな緑、翡翠のような緑色です。
割れたのをいくつか試食。
茹でたては美味しいですね。
冷めるともう美味しくないので、あとはジップログに入れて冷凍。

で、栗は・・・
栗を保存するのはお正月のためです。
お節料理にきんとんを作るためです。
とすれば、茹でて保存しても問題無いわけです。
ことさら難しい甘露煮の瓶詰めを作るのは
エネルギーの無駄なような気がします。

せめてきんとんにかたまりの栗を入れられるように、
茹でた栗をスプーンで掻き出すのではなく、
茹でた栗の皮を剥いて丸い状態で冷凍することにしました。

c0021551_21352735.jpg
さ、これでお正月の栗の準備はOK☆


さて、昨日八百屋さんで見つけたのは・・・
c0021551_21380294.jpg
みごとなアケビです。

中のタネを出して・・・
ちょっと食べてみました。
タネの周りのワタと言えばよいか、ゼリー状の部分は
ほんのり甘く・・・
でも、結構なお値段、これだけのために払うわけではありませんで、
c0021551_21403455.jpg
アケビの厚い皮の部分を2cmほどの厚さに切り、
ニンニクのみじん切りをゴマ油で炒めた所へ
アケビを入れて焼いて、挽肉も入れて炒めて
梅味噌をスープの素を入れて蒸し炒め。

茶色だけでは寂しいので
別の鍋で塩茹でにしておいた十六ササゲを最後に混ぜ入れ、
タネの周りのワタも網で漉して混ぜ入れました。
上に大葉(青じそ)の千切りを掛けました。

アケビはほんのりにがく、実が少し溶けてとろみが付きました。
このとろみが味噌などの味を絡めるので、
味が良く馴染んで良いですね。

今年のイクラも食べたし、サンマも食べたし、
ギンナンも栗もアケビも食べました。
結構、結構♪~

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-14 21:55 | 食べ物 | Comments(0)
<< 草間さんのカボチャ? 万筋ポーラー始動 >>