万筋ポーラーもう一回

今日は、はごろもさんのお誘いで、
岳見町ぎゃらりぃでのもずやさんの琉球染め織り展に行きました。
c0021551_21413910.jpg
はごろもさんに見ていただこうと、
もう一度、例の万筋ポーラーを着てみました。
しかしさすがに同じ帯では面白くないし、
もう少しマシなエスニック系染め帯を・・・
と言うことで、バティック帯を選択。
一番まともなバティック布で、かつ、色が着物にぴったり。
着物のグレーとそっくりな色の虫さん達です。
帯締めも色を合わせました。

さて、もずやさんは毎度ステキな琉球布の帯や着物ですね。
紅型やら花織りロートン織り
芭蕉布に上布にミンサーに。
ゼロがちょっと多すぎるのが玉に瑕ですが・・・

というわけで閑話休題

はごろもさんに見ていただいたポーラーは
色無地に見えるようです。
よかったです。
来年、東京に着て行ける可能性がぐっと上昇☆

やるまいぞさんにもお会いできて、
とてもよかったです。
来週の土曜日は能楽堂でやるまいぞさんの狂言です。
とても楽しみです。
あ、日曜日にも出演されます。
皆様是非。

さて、この後、行きたい所がありました。
それは、愛知芸術文化センター地下2階でのビデオ鑑賞会
シェイクスピア生誕460周年記念、
全作品ビデオ上映会が8月来おこなわれていて、
今日はもう終わりに近く、
今日の午後はオセロです。
しかし時間が無くて途中の休憩で中座して帰りましたけど。
午前中の「尺には尺を」にすればヨカッタかな・・・・
(残念ながら思いつかなかった)
シェイクスピア、ひいてはイギリス人のすごさをひしひしと感じてきました。
(スコットランドが分離しなくてヨカッタ)

[PR]
by yamamotoyk | 2014-09-19 22:25 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2014-09-20 21:34
帯が替わるとまた印象が違うものですね。
それがいいところだし、また、帯で変わり映えのするきものなのでしょうね。
Commented by yamamotoyk at 2014-09-20 21:52
すばるさん、ありがとうございます。
帯が映えるのは無地の良い所ですね☆
こういう中間色は似た色合いが伝統的なアジアの色によく見られ、
色んな帯が合わせやすいです。
利用価値の広い着物になりそうです。
<< お彼岸間近? マチ >>