ジャガイモの細切り炒め

昨夜の夕食は
昔、料理教室で習ったものの一つです。
c0021551_18200136.jpg
細く切ったジャガイモをいきなり炒めるという料理方法も
少しポリポリとした歯ごたえのあるその食感も珍しく
大変印象に残った料理だったので
未だに良く作る料理になっています。

とはいえ、オリジナルがどんなだったかもう忘れてしまって
かなりアレンジしちゃったような気もしますが、

ジャガイモ、できればメークイーン系がいいのですが、
昨今、メークイーン、男爵という種類をあまり見なくなっているので、
どんなジャガイモでもかまわない気がしています。

ただし切り方は細めの拍子切り。
5mmから1cmくらいの太さがいいようで
太すぎると硬いし、細すぎるとすぐ柔らかくなってしまいます。

切ったら、必ず、水洗いします。
でないとハッシュドポテトのようにくっついてしまいます。

豚肉もジャガイモと同じような細切りにします。
豚は細めの方が食べやすいです。長さはジャガイモと同じくらい。
彩りににんじん、ピーマン、キノコ(シイタケなど)の細切りを使います。
季節によってはタケノコも同じように切ったり、
あれば細切りキクラゲを少し混ぜるのもいいです。
彩りは食欲をそそるのに大切ですね♪~

味付けに私はニンニクのみじん切りを最初に炒めますが、
これは好み。
油を引いたフライパン(または中華鍋)に
火の通りにくい物から炒めます。
今回なら、にんじん、豚肉、シイタケでしょうか。
タケノコ、キクラゲもこの時ですね。

ざっと炒めたら、火を弱くして蓋をして蒸らします。
スープの素などを少し入れると、早くしんなりします。

火が通って水が出てきたら
蓋を取り、中火にして、ピーマンとジャガイモを入れ
再び炒めます。
ピーマンがしんなりして、ジャガイモの色が7割方透明になったら
味を調えます。
味は好みですが、
今回、中華スープの素、オイスターソース、
ケチャップ(隠し味)とチリソースを入れました。
醤油系(めんつゆ系)で和風にするのもよさそうですね。

最後に水溶き片栗粉を回し入れ、
照りを付け味の馴染み良くして食べやすくしました。
アンになるほどではなく、あくまで照り程度です。

あとは、ごはんとカップスープ。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-10-31 18:58 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by kumitan2011 at 2014-10-31 21:20
わぁ、美味しそうですね♪
ウチも先日、ジャーマンポテトを作りました(~o~)
焦げ目がつくほど炒めると美味しいんですが、中々じゃがいもに火が通らずちょっと苦戦・・・
蒸らすのは良いアイデアですね~今度試してみます!

最近お召しのリバーシブル着物、とても素敵です(^・^)
表裏でかなり印象が違って着られるのも、旅行とかに重宝しそうかな。
帯は良くありますが、着物は見かけません~
さすが、うまこさん、勉強になります(*^^)v

Commented by yamamotoyk at 2014-10-31 22:33
kumitanさんありがとうございます。
細切りのジャガイモはすぐ火が通るので
簡単です。
彩りを添えるとおいしそうなので、是非お試しを。

リバーシブルは20年くらい前だったかの美しいキモノに
載っていたような気がします(記憶不確か)
それで試してみたくて、仕立ててもらって以来、
たま~にお願いしています。
何と言っても旅行に便利です。
<< テキトームサカ 熊本城おもてなし武将隊@金山駅 >>