菊とサザンカ

今日はとても良い天気。
時間を見つけて、今日も庭仕事三昧。
バチバチと枝を切り、ぶどうの蔓も長いのを3本切ったが、
硬くて曲がらない。
籠を編むなら、山葡萄は採ってすぐ外のバサバサの皮を剥き、
中の皮を芯からはずして、しっかり乾燥させるとテレビで見たけど、
だいたい外の皮も剥けてこないし、
その更に中となると刃物がないと到底無理・・・
でも、中の皮が外に出ている所は色が綺麗だからステキかも。

とりあえず、そんな時に見つけたのが・・・
サザンカ2種
左は周りのピンクが濃いのが美しい
右は白楽天 酔っ払っている雰囲気が名前にぴったり
(白楽天は中国の詩人でお酒が大好き)

それにしても、名前というものには不思議な力がありますね。
この白いサザンカ、もし白楽天という名前でなかったら
単にお行儀が悪くて白いだけのサザンカ、
と思う所が、白楽天と名前があるので
あぁ、なるほどお酒が好きで酔ってるのね、
またなにか詩を考えてるのかしら?とか、
ほほえましく思ってしまう・・・・(^_^)v

そして・・・
c0021551_18494781.jpg
左が小菊、菊の開花の先駆けですね。
中はヤツデ。
いつ開花か、って判断が難しいんですけどね。
右はセンリョウ。
まだちょっと色が薄いですね。
例年、実の付きが悪い場所の方によく実が付いていて、
いつも良く付く方は、今年は成績不良。
気温の加減か日当たりのせいか。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-11-04 19:11 | 園芸 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2014-11-04 21:37
白楽天は素敵な名ですね。私は今年、白楽天と言う名の
純白のホトトギスを頂きました。殖やしたいと思います。
ほかに、侘助、紺侘助、炉開き、西王母、など、ちょっと思いつくだけでもすてきな名があります。あら、みんな椿ですね。
Commented by yamamotoyk at 2014-11-05 18:14
すばるさん、ありがとうございます。
昔から日本で品種改良された花は
文学などからの優美な名前が付けられたものが多いですね。
椿は種類も多く、ステキな名前のものが多いですね。
ホトトギスにも白楽天があるのですね。
たとえ白居易と関係がなかったとしても
白楽天というのはいい名前ですよね。
<< えんじウールに洋唐草カーテン帯 ただいま~ >>