菊尽くし

秋らしい物をなにか・・・
あ、昨日付けた半襟、菊柄でしたね。
では帯も菊で・・・
c0021551_18553441.jpg
グレーのシルクウールに
母の羽織で作った菊柄の縮緬帯を合わせました。
ちょっと小寒い感じだったので
これも菊唐草の羽織とスヌードショールで・・・

角出しをきれいに結ぶにはやや短いこの帯、
いえ、一度長くしたんですけど、まだちょっと短めでした。
せっかくなのでもう少し長くしたいです。
また宿題です。

ところで半襟はうまく柄が出ているかしら?
c0021551_18554898.jpg
片身替わりのような感じの半襟になりましたね。
菊のつもりが流水の方が目立っていますね。

全体の色数が少ないので、虹色の帯留めをしてみました。
古い陶製ブローチです。金具を付け替えたのですが、
程良い色の帯締めがなかったので色のあせた黒(羊羹色)のにしましたが、
濃い紫の帯締めだったらよかったかしら?

それにしても、襟をたくさん抜くようになったせいか、
はたまた、幾たびかのクリーニングで丈が縮んだか
お端折りがぎりぎりになっています。
私の身長は低くなっているハズなんですけどね・・・・
よく働いてくれた着物なんですね。

さて、お稽古では、いよいよ中日劇場での発表会が近づいています。
29日土曜日午後1時半くらいからになります。
もしお時間の許す方がいらっしゃれば、
どうぞ見に来てやってください m(_ _)m
チケットは忘れたと言っていただければ、入れると思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2014-11-12 19:08 | 着物 | Comments(0)
<< 大ばあちゃんのパンツその後 端布で半襟 >>