食パン☆ラスク

各種フランスパンでラスクを作って調子がいいので、
もう一段、節約志向(^^;)ゞで、
やっす~い(イオンブランドの)食パンを使って作ってみることにしました。

柔らかい食パンは薄く切るのが難しそうだったので、
並んでいるうちで一番薄い8枚切りを買い、
一枚を4分割してから、さらに半分の厚さに切りました。
最初はなかなかむつかしかったのですが、
だんだん要領よくなってきましたよ。

で、ラスクを作ると決めた時から、目を付けていた
見切り品コーナーのハウス・ストロベリーシュガー(半額)を買って・・・
c0021551_17591714.jpg
真ん中のほんのりピンクがイチゴシュガー
茶色いのがもちろんシナモンシュガー
薄くしたパンをオーブンペーパーに並べ、
例の手作りバターを乗せてざっと広げて(パンが薄すぎて塗れないので置くだけ)
それぞれのシュガーを振りかけ、
多分それだけでは甘さ不足なので、
さらにスプーンですくったグラニュー糖をたっぷり振りかけ(と言うか置いて)
150℃20分、予熱したオーブンに入れました。

あら、でもバターが乗っていた、特に真ん中部分はまだ柔らかいですね。
温度設定が低かったかな?
置き場所がなかったので冷めるまでオーブンの中に放置しておきましたが、
冷めてもまだ真ん中はやや柔らかめ。
食べやすくていいですけど・・・
柔らかいとカビが生えるが危険ありますか?
やっぱりカリカリにした方が安全ですね。

ん、このくらい砂糖がたっぷりだと、ちゃんとしたラスクみたいですね。
小腹がすいたとき(仕事から帰ってすぐ)にはついつい手が出てしまう・・・
(おいしいけどマズいぞ)

これで手作りバター(クリック)がほぼなくなったので、ちょっと一休み、かな?
でも、簡単でおいしいですね、ラスクって・・・・
昔々、大昔、給食のパンを食べ残して持って帰ってきていた頃、
それでラスクを作っていたなら、美味しかったでしょうに。
ま、無理ですけど・・オーブンなんてなかったし・・・・
そもそも、ラスクと言うものを知っていたかしら?
ラスクありましたけど、もっと違っていたような気がします。
砂糖がコーティングされていてもっと目が詰まったものだったような・・・
今でも売られていますか?
あら、似たものを見つけましたよ。(クリック
なるほど、バタークリームをパンに塗って焼けば、
砂糖でコーティングされたラスクになるんですね。
バタークリームに何が混ぜてあるかで、いろいろ変わってくるんですね。
洗練された材料を使えば、美味しくなるんだ・・・当然ですが。
次回はこの方法でやってみよう・・・

昔のものがあまりおいしくなかったのは、
たとえば、デコレーションケーキのクリームはバタークリームばかりで、
時代がかなり下った頃はじめて食べた生クリームのケーキがおいしくて驚いたのは、
昔のバタークリームがぢつは混ぜ物が多く、本当のバターを使っていなかったから、らしいです。

朝の連ドラで、本物のワインやウイスキーが受け入れられなくて
偽物を作る話がでてきますが、
昔はそんなものばかりだった気がします。
赤玉ポートワインとか、オレンジ色の粉ジュースとか、
牛乳もチーズも・・・・

今はいい時代ではありますが、その分お金はかかりますね・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-08 19:13 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by ぼん吉 at 2015-01-10 02:47 x
昔のバタークリームって、純粋にバターだけを使ってなくて、
マーガリンやショートニングを使ってたやつばっかりだったんで
おいしくなかったんだと思います。
大人になってから家内がボクの誕生日に純バタークリームの
ケーキを手に入れてくれたので食べたら、深みのある味で
今までのバタークリームのイメージが一気に吹っ飛びました。
バタークリーム、一度手作りでやってみてはいかがでしょう?
Commented by yamamotoyk at 2015-01-10 23:21
ぼん吉さん、ありがとうございます。
きっとそうですよね>昔のバタークリーム。
やっぱりちゃんとしたのは、深い味わいでしたか。
是非いつか手作りしなくちゃいけませんね。
<< お弾きぞめ分け口 七草・・・ミートボール >>